りんごの時間。

AIHを経て7歳5歳の二児の母へ。二人育児の記録。

【幼稚園】息子が無事に卒園しました。



おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

昨日、無事に息子が卒園しました。

 

f:id:ringo_co:20220317100755j:plain

卒園式のときに胸につけていたお花。

謝恩会後には既に壊れていて、

りんご吹き出し

え、ウソでしょ、信じられない。笑

な気持ちでいっぱいに。

(このお花だけではなく他の頂いたものも私の手元にきたときには既に破れたりしてて、ほんとどうなってるのな気持ちでいっぱいよ。笑)

ついでに言うと、最後先生方と園庭でお話したり写真を撮ったりしている間もお友達と全力で遊んだもんだからおめかしした服も靴も砂まみれで、ほんとしーちゃんではありえない状況に笑うしかありませんでした。

もう、意味が分からない。笑

 

何にせよ。

無事に卒園ですっ!!!

晴れやかなお天気の中、本当に良い式となりました。

 

↓しーちゃんのときには原型をちゃんと留めたまま家に帰れました。服ももちろんキレイなままだったよ!笑

www.ringo-time.com

 

withコロナな園生活でした

この日を迎えるまで、本当に色々なことがありました。

1~3月にかけて我が幼稚園にもコロナの影響がついに押し寄せてきて、子ども達の欠席や休園などが相次ぎ、園児が全員揃う日がないという状況が続いていましたが…

それがっ!!

昨日っ!!

やっと全員揃ったんです…(;O;)

もうその姿を見ただけで泣けてきました…

全員揃って卒園式を迎えられたこと、それが奇跡のように感じます。

 

実は、ブログには書いておりませんでしたが、私も2月にコロナ陽性になっていたのです…

卒園までの貴重な時間をおーくんから奪ってしまったことが本当に心苦しくて、悲しくて、やるせなくて…

(リアルタイムでは書き控えていました。それもあって私アマプラ三昧だったんです…笑)

 

幸い、感染は私だけで済みましたが…自身の自宅待機や休園などが相次ぎ、年が明けてから今日を迎えるまでがあっという間、本当にあっという間過ぎて、もう卒園というのが信じられません。

あと1ヶ月、いやせめて1週間でもいい。

もう少し幼稚園で過ごす時間を経験させてあげたかった…

そんな気持ちでいっぱいです。

 

思い起こせば、おーくんの園生活はその三分の二がコロナによる影響を受けたものでした。

親子での活動が大幅に削減され、相次ぐ休園に園へ行く機会も減り。

しーちゃんのときには当然のように出来ていた多くのことが叶わなくなり、正直なところ、もっとたくさんのことを経験させてあげたかった、親子で経験したかったという思いがぬぐいきれません。

 

おーくんが年少のとき、しーちゃんは年長だったわけですが。

当時私の気持ちは最後の年ということもあり年長のしーちゃんに向かっていました。

りんご吹き出し

来年おーくんが年中になったら全力でおーくんと関わろう!

そんな風に思ってもいました。

まさか、親子で関われる行事自体がなくなるだなんて思いもしなかったから…

 

あとでやろう、なんて思っていてもその「あとで」が来るとは限らない。

そのときに後悔しても遅いのにね。

そんなことを今痛感しています。

(この経験、私の今後の人生の教訓となりそうです)

 

こんな状況の中でも私自身おーくんと関わるために出来る限りのことはしてきたし(年中・年長で役員)、幼稚園側も今できる最大限の活動をしてくれたと思います。

それでも、やっぱり、どこか心の中には「本当だったらもっと出来たのにな」という思いが存在してしまうわけで…

どこかで折り合いをつけないといけないのにね。

ランドセルを背負ったおーくんを見たら、この気持ちも落ち着くのかな。

 

ここ最近更新出来ていなかったわけ

ここしばらく、更新頻度がグッと低迷しておりました。

  • 2月のコロナ感染による自宅待機で予定が色々狂ってキャパオーバーした(やらなきゃいけないことが自粛あけに一気に押し寄せてきた)
  • 役員関連で幼稚園に足を運ぶことが多く日中書く時間がなかった
  • 体調を優先して夜にブログを書くのを控えた

などなど、理由は色々あれど。

一番は…書けなかったんです。

卒園しちゃうことへの寂しさが募りすぎて、今の気持ちをどう書いていいのかわからず、ブログに向き合えませんでした。

どんだけ?って思いますでしょ(;´∀`)?

自分でもそう思います。

でも、何を書いていいかわからなくなっちゃったんです…

 

寂しいっていう言葉だけでは薄っぺらい気がしちゃって。

自分の思いをうまく言葉に出来る自信がなく、パソコンに向かう気持ちになれずにおりました。

 

実は私、一度だけエゴサーチというものをしたことがあったのですが。

そこで『おーくんの入園が寂しいって言いすぎ。いい母アピールがうざい』みたいな文面を見てしまいまして。

そう思う方もいるのか…とそのときに感じたのでした。

(エゴサしてもいいこと何もないなと思い、以後全くしておりません。お互いに色々思うことはあるだろうし、自分の見えないところで書いてるものをわざわざ見に行く必要もないな、と。)

 

でも、やっぱり寂しいんです。

いい母でも何でもないけど、寂しい。

多分、それは親が関われる部分がどんどん少なくなっているのを肌で感じているからなんだと思います。

入園は、未就園児の終わりでもあるから、寂しい。

卒園は、幼児期との卒業でもあるから、寂しい。

確実に、一歩ずつ、私から離れていっている。

そんな親離れをまざまざと感じるだけに、寂しい。

 

そして、大好きな幼稚園とのお別れでもあるから寂しい。

しーちゃんのときには「それでもまだあと2年通える」と思えたけど、今回はもう本当にお別れです。

毎日のように会っていた先生方にもう気軽に会えなくなってしまう。

私にとっても、きっと幼稚園は第二の学校のような存在だったのだと思います。

何かあったら相談できる心の拠り所、的な存在。

子どものことで気になることがあっても「先生に相談しよう」という選択肢が持てるということは、私にとって本当に心強さを感じるものでした。

 

私たち親子をぬくぬくと温かく見守って来てくれた幼稚園という場所からポンと突然荒波に放り出されてしまうかのような状況に、寂しさと同時に怖さも感じているのかもしれません。

小学校と幼稚園…全然違うのを既に知っているだけにね…( ;∀;)

確実に幼稚園ロスになるわ。私が。

 

私も息子を見習って前を向こう!

りんご吹き出し

卒園寂しいなぁ…もっと幼稚園にいたかったなぁ…

昨日、卒園式に向かう道すがらおーくんへそんなことをポツリと言ったら

おーくん吹き出し

でも卒園しないと先に進めないからね!

こんなクヨクヨしている私とは裏腹に、息子はなんとたくましく成長したのでしょうか。

 

そんな息子も、どうやら謝恩会の最中涙を流していたようです。(短縮版の謝恩会、スライド上映のみ)

私からは見えていなかったのですが、隣に座っていた先生が教えてくれました。

おーくんも本当は寂しいんだよね。

仲の良いお友達と離れたくないって思っているんだよね。

それでも、しっかり前を見て進もうとしている立派な姿に、本当に本当に感激しました。

 

よし!

確実に幼稚園ロスにはなると思うけどっ!!←笑

私も息子を見習って先を見ていきましょう!!

まだ子ども達には言っていないサプライズの『卒園おめでとう旅行』も計画しているのでね(●´艸`)♡

楽しいことを考えていくぞーーー!!!

 

ブログでは今後、

  • 最後のお弁当
  • 卒園式:母と子どもの装い総括
  • 5年間の幼稚園生活で思うこと

などを書きたいと思っております。

卒園話くどいよ!と思われるかもですが、後の自分のためにも今の気持ちや出来事しっかり記録したいと思います!!させてください!!

 

先生やお友達と過ごした日々がおーくんの糧となり、おーくんのこれからの人生が実り豊かなものとなりますように。

おーくん、卒園おめでとうーー!!

 

 ↓読んだよの印に『ポチッ!』と応援よろしくお願いします♡♡

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村