りんごの時間。

AIHを経て6歳4歳の二児の母へ。二人育児の記録。

【習い事】娘『習字』を始めることになりました。習うことになった経緯。



 おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

学校生活がスタートしてからしばらくが経ちました。

そろそろ学校についての話題にも触れていこうかなと思っています。

  • 学校が始まってからのタイムスケジュール
  • 給食の反応はどうだったのか
  • 学校・幼稚園が始まってからの子ども達の様子

などをまとめていく予定です!!

 

まずはその前に…

色々ありまして、しーちゃんの習い事が一つ増えることになりました。

習字を習うことになりました!!

 

「習字ぜんぜん興味ない」からのスタートでした

実は、母的には元々習字は興味があるなら習わせたいと思っていた習い事の一つでした。

キレイな字って憧れる~!!(私の字、子どもっぽい字なので余計にね)

でも、当の本人のやる気がなければ習わせられるものでもなく…

案の定しーちゃんも

しーちゃん吹き出し

習字?全然興味ない

という反応でございました。

りんご吹き出し

まぁ、無理して習わなくてもいいよ

と私自身も思っていたので(無理やりやらされる習い事ほど苦痛はものはない)、じゃぁやめとこう、とそのときの話ではなっていたのでした。

 

「習字やってみようかな…」と思ったきっかけ

そんなしーちゃんが習字に興味をもつことになったのは、休校中の宿題がきっかけでした。

「まだ学校で習ってもいないのにこの量多すぎませんか!?」と思わず感じてしまうほどのボリュームの宿題をなんとかこなしたものの、学校が再開して提出したらしーちゃんが書いた字がわからなくなるくらい赤でみっちり訂正されて戻されてしまった、という中々衝撃を受けた出来事。

(しーちゃんより私の方がショック受けちゃって。笑)

小学校って厳しぃぃ~!!!という洗礼をガッツリと浴びたのでした。

↓そのときの出来事はnoteに綴っています。

note.com

 

補足するならば、その後の先生の対応を見ていると『熱意のある先生』がゆえの赤字だったように感じています。

しーちゃんは今現在すっかり先生が大好きです(●´艸`)

毎日先生の話してる。笑

その娘の話を聞く限り、子どものことをちゃんと考えてくれる良い先生だと思う。

限られた時間の中で、少しでもプラスになるように…と赤で訂正してくださったと思うのですが、それが長い休校明けで先生の人となりもわからぬ状況の身(特に私)には厳しすぎるように見えてしまったのでした。

しかしながら、しーちゃん自身がそれに対して不満を口にしているわけではないので、それに関しては今後私がこっそり気にかけるポイントとして留めておこうと思います。

近々希望制の面談があるようなので、その際にでも学校の様子(字を書くときの様子)などを伺ってみたいと思っています!!

 

という出来事がありまして。

その赤ビッチリのドリルを返却された日、学校でお直しの時間があったそうなのです。

赤字で書かれている部分を消しゴムで消してもう一度書く、という時間。

でも、しーちゃんと同じ幼稚園だったお友達はひとつも訂正されていなかったのでその時間塗り絵をしていたそうな。

 

帰宅後、しーちゃんから

しーちゃん吹き出し

あっこちゃん(仮)だけ字のお直しなくて塗り絵してたんだよ~。どうしてそんなに上手なのかな~。

と尋ねられたので、

りんご吹き出し

あっこちゃん、習字やってるからかな

と答えたところ、娘にスイッチが入ったようです。

しーちゃん吹き出し

しーちゃんも習字やってみたいっ!!!

 

思ったより楽しかった!やりたい!!

とりあえず体験だけでもしてみようか、と早速近所のこじんまりとした習字教室(通わせるならここがいいかな~と前々からチェックしていた)で一度体験をさせていただくことに。

人数も多くなく、少人数制なこともあり大変アットホームな環境で、月謝も他の習い事に比べると高くなく(ここ大事)、お習字セットも当面は貸し出しをしてくれるそうなのでお試しでやるにはベストな環境。

長く続けることが確定したら習字セットを買うことにしよう、うむ。

 

f:id:ringo_co:20200622103815j:plain

記念すべき、しーちゃんが初めて書いた習字。

ダイナミックですな!!!

 

硬筆も一緒に行っているので、筆と鉛筆どちらも練習できるのが大変ありがたい(●´艸`)

硬筆ではガッツリお名前の練習をしていたのでここには載せられませんが、キレイに書けた出来た字に対して

「この『り』が上手に書けているね!」「この『か』が一番上手!」

という風に一つ一つ上手に書けた字を褒めながら花まるをたくさんつけてくれました♡♡

しーちゃん吹き出し

習字、思ったより楽しかった!!

しーちゃんからもやりたいという言葉が聞けたので、そのまま入会してきましたヽ(`∀´)ノ

多分、褒めてもらえたから楽しかったんだと思うわ。笑

 

良いところを褒めてくれる先生の存在はありがたい

先日の赤ペン先生の記事でも触れましたが、いいところをめいっぱい褒めてくれる先生の存在はとてもありがたいです。

学校での丸つけ基準は休校明けの今現在も少々厳しめなようですが…

その代り、赤ペン先生と習字の先生がいいところをめいっぱい褒めて丸付けしてくれるので、しーちゃんの心の拠り所にもなるんじゃないかなと感じています。

飴とムチ、ってやつですわ。笑

「学校でも花まるを貰いたい!!」というの

がしーちゃんの目標にもなっているようなので飴とムチスタイルが娘にとってはちょうどいいのかもしれない。

(褒めてもらってばかりだと調子をこく可能性があるのでね。笑)

 

字を正すというのは中々デリケートな問題で、親がやろうとすればややもすれば親子間での揉め事にも発展しかねないわけで。

しーちゃん吹き出し

せっかく一生懸命書いたのにっ!!

りんご吹き出し

せっかくキレイになるよう教えてあげてるのにっ!!

休校中にめちゃくちゃ感じましたが『教える』という作業は親以外の第三者にお願いしたい。

もちろん、家庭学習中はそうにもいかないのですが、メインの指導は先生からの方が子どももスムーズに聞けると思う。

 

赤字がめいっぱいの宿題にショックを受けるかと思いきや、逆にそれが新しい物事にチャレンジするきっかけとなりました。

りんご吹き出し

しーちゃん…結構強いかも。

なんて最近感じています。

字が上手になりたいという気持ちが育てばいいなぁ(●´艸`)

習字、楽しんで続けられますように♡♡

 

関連記事はこちらです!

ブログではなくnoteの記事になりますが…、学校が始まってからのしーちゃんの様子を見て私自身が感じたことに触れています。

心配は尽きないし、口も出したくなるけど、グッと我慢することも今後は必要になるんだろうな~。

note.com

 

学校再開するにあたり、習い事見直して平日の負担は減らす方向でいたはずなのに…。

おかしいなぁ、むしろ一つ増えてるっていうね(;´∀`)

平日の負担減らしてみたものの、しーちゃんは前々から思っていた通り体力の鬼だったようで、学校帰りグッタリする様子もなく、「あ、これならプールも出来たな」と感じてます。

来月からはプール再開だな。笑 

www.ringo-time.com

 

飴とムチの『飴』代表、赤ペン先生。

先生からビッチリ赤を入れられてしまったけどしーちゃんがへこたれずに済んだのは、もしかしたら赤ペン先生がこれでもか!!ってくらい花まるをくれていたからかも。

赤ペン先生というシステム、しーちゃんにはとても合っていたように思います!! 

www.ringo-time.com

  

 ↓読んだよの印に『ポチッ!』と、よろしくお願いします♡♡

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

【コメント欄についてのお知らせ】
申し訳ありませんが、現在コメント対応を一時的にお休みしております。
お手数ですが、コメントはTwitterへお願い致します♡♡