りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

帰省のおもひで と、今後の帰省について思っていること


【スポンサーリンク】


おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

先日投稿した飛行機話の続きになります。

 

www.ringo-time.com

 

わが家は今年年末年始の帰省はせずに、ちょっと早めて弾丸帰省をしてきました。

 

でっかいどーで遊ぶのを心待ちにしていたしーちゃん。

まだよくわかっていないおーくん。

 

そんな二人の滞在中の記録です。

  

雪と戯れる

雪が大好きなしーちゃん。

飛行機から降りるなり「わぁ♡雪だー♡やっぱり雪っていいねぇ♡」なんてしみじみ語っていました。

もう、ユー、将来でっかいどーに住んじゃなよ!
そして私も付いていく。笑

 

f:id:ringo_co:20171226230147j:plain

夫と早速雪だるま作り。 

f:id:ringo_co:20171226230227j:plain

イエイイエイ。 

f:id:ringo_co:20171226231226j:plain

雪に寝そべり、自然を感じる。

 

しーちゃんの大好物、そり遊びもしました。

 

f:id:ringo_co:20171226231734j:plain

キャーー!!! 

f:id:ringo_co:20171226231756j:plain

キャーー!!! 

f:id:ringo_co:20171226231810j:plain

キャーー!!!

f:id:ringo_co:20171226231829j:plain

キャーー!!!

 

ゴッ。

 

母、すねを負傷。

逃げ遅れた…。

 

病み上がりだしと、おーくんは当初雪遊びさせずにいたのですが、あまりに楽しそうなお姉ちゃんの姿に「もんも!もんも!!(僕も僕も)」と泣き始めてしまったので、暖かい恰好をさせて参戦。

 

f:id:ringo_co:20171226232020j:plain

シューーー。

とひと滑りしただけで 

f:id:ringo_co:20171226232030j:plain

見慣れぬ雪に心が折れ、 

f:id:ringo_co:20171226232057j:plain

夫救出。 

f:id:ringo_co:20171226232109j:plain

はぁ、暖かいところで食べるみかんは最高ね。

 

対照的な姉弟。

 

きっと、しーちゃんはスキーやスノーボードもやってみたいって言うんだろうな(●´З`●)

雪好きしーちゃんなのでありました。

 

クリスマスパーティー

いとこちゃんと共にクリスマスパーティーをしました。

f:id:ringo_co:20171226232127j:plain

大人数で行うパーティーに憧れていたので、すごくうれしい(●´艸`)♡♡

いつも家族でこじんまりパーティーだったからさ。
じいじばあばと一緒のパーティーに憧れてたのよ(´;ω;`)♡

 

途中、夫のいとこさんがサンタに扮してプレゼントを持ってきてくれるサプライズが!!!

マジサンタだと思ったいとこちゃんとしーちゃんは、非常に怖がった様子でした。 

f:id:ringo_co:20171226232152j:plain

ただ一人、彼を除いては。

そりは怖がるくせに、こーゆーサプライズには堂々とした佇まいのおーくん。

 

ここでも対照的な姉弟のリアクションなのでありました。

 

義父飯

じいじが本格カレーを作ってくれました。

f:id:ringo_co:20171226232208j:plain

すんげーーーー美味かったの、これが。

まじお店レベル。

「どうしてこんなに美味しいカレーが作れるんですか?」と聞いたら、大量のたまねぎをタヌキ色になるまでじっくりじっくり炒めるのがポイントとのこと。

「時間がたっぷりある人にしか作れないから、忙しい主婦には無理だ」と言われ、非常に納得しました。

うん、私は今後も普通のカレーを作ろう。

 

義母から託されたもの

お義母さんから、あるものを託されました。

f:id:ringo_co:20171229234602j:plain

30年物の息子Tシャツ。
何作ってんすかっっ。笑

いつか孫に着せるのが夢だったのだとか。
お義母さん、かわいすぎるでしょ(●´艸`)

 

やっぱりしーちゃんは夫似だな~とこのTシャツを見て思いました。

 

まだサイズがちょっと大きかったので、来年か再来年。
満を持してばあばの夢を叶えたいと思います!!

私も息子Tシャツ作ろうかな。笑 

 

今後の帰省に思っていること

今回帰省の前に夫と話しました。

「これからの帰省は、元気な親に会えるのはこれが最後かもしれない、と思いながら帰ったほうがいいよ。笑顔で毎回帰ろう」と。

何も一生の別れだけでなく、病気になるかもしれないし、腰を悪くして孫を抱っこ出来なくなるかもしれない。

今の状態の父母と、次回も同じように会えるとは限らない。

そんな保障は何一つない。

 

30代半ば。

親の年齢を考えても、そろそろそういうことを考えるべき時期に達してきているのだと思います。

今年、自分の父を亡くし、つくづくそう感じています。

 

祖父母に会うときには毎回意識していたけど、父母だって充分にありえる。

今年はなんだか喪中はがきを受け取る件数もすごく多くて、そういう年齢なんだな…と改めて痛感しました。

  

自分が親に会えるのはあと何回なんだろう。

数えてみるとさほど多くはないということに気づかされます。

 

さほど多くないであろう親との時間。

会ったときには笑顔で楽しく過ごしたい。

今後の帰省の際には、毎回このことを頭に入れて帰りたいと思います。

 

今回の帰省は期間こそは短かったけど、雪遊びもしてパーティーもして、祖父母も孫も、もちろん私も夫も、みんなで楽しく過ごすことが出来ました。

しーちゃん、おーくん。
次の帰省をまた楽しみにしようね(●´З`●)♡

 

これから帰省される皆さま。
今帰省されている皆さま。 

久しぶりに過ごす親との時間が、笑顔いっぱいの楽しいものとなりますように(●´∀`●)