りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

【4歳女子】誕生日プレゼントは『へんしんバイク』にしよう!!

【スポンサーリンク】


おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

もう、タイトルそのまんまなんですけども。

しーちゃん4歳のお誕生日プレゼントは「へんしんバイク」にしようと思いますヽ(`∀´)ノ

 

誕生日プレゼントを「へんしんバイク」にしようと思った経緯

 

おーくんの2歳の誕生日プレゼントを何にするかで悩んでいたときのこと。 

友人の家でストライダーを試させていただけることになり、家族3人で遊びに行ってきました。 

www.ringo-time.com

で、前回の記事↑で書いた通り、おーくんは泣いて拒否だったんですけども、意外や意外。

食いついたのがしーちゃん!!

決して上手ではないんですけども、それでも怖がらずに楽しそうにまたがって遊んでいました。

あーーーーーーんなにビビリだったのに。
あーーーーーーんなに怖がりだったのに。

恐る恐るではあるけど、しっかりとまたがってちょこまかと前進している。

すごい…、こんな危なっかしい乗り物を笑顔で乗っているなんて…(´;ω;`)♡

これまで、ビビリな娘のビビリな様をこれでもか!とお見舞いされてきた母としては、『ストライダーにまたがる娘』の姿はまさに天変地異。

何が起きた!?と思わざるを得ない状況。

それだけ身体的にも精神的にも成長したということなんでしょう。

…(´;ω;`)ウレシイ♡

 

話を戻し。

実は元々しーちゃんは、「ピンクのプリンセスみたいな自転車が欲しい」ということを常々話していました。

恐らく、マンションの駐輪場に置いてある自転車やイオンで見かけた補助輪付きの自転車を見て『自転車』に対する憧れを抱いたんだと思います。

「三輪車は赤ちゃんの自転車、しーちゃんはねぇ、お姉さんだから自転車がほしいの!」と語るはビビリな娘。

そんなリクエストがあったもので、4歳の誕生日プレゼントは自転車にしようかな?と元々考えていました。

例えばこういう、補助輪付きの舵取り棒付きの自転車とか。

こういう補助輪付きの自転車を誕生日プレゼントにしようかな、なんて楽天のお気に入りにはちゃっかり入れていたのですが…

「ってか、ビビリなこの子に補助輪付きの自転車を与えてしまったら補助輪をとるタイミングを見失いそうな気がする。しかも「ママ押して~」なんて言って自分でこがなくなる気がする。それにいつ使おう。おーくんがいるときは私押してあげられないしなぁ…」

という数々の懸念が生まれ、どうも踏み切れずにいたのです。 

 

そしたら、思いがけずストライダーを気に入った模様。

おぉ!!そうくるか!!!

 

じゃぁ、しーちゃんにストライダーをプレゼントする??

とも考えたけど、使用年数考えるとそこまで長くは使えなさそう。

しーちゃんにストライダー買っておーくんにお下がり、っていうのもありかとは思ったけど…、おーくんももしかしたらしーちゃんが乗っていたら興味を示して欲しがるかもしれない。

ストライダー2台もいらない。

 

何か良さ気なものはないものか。

と探した結果、出会ったのが『へんしんバイク』なのです。

f:id:ringo_co:20170802064259j:plain

へんしんバイク 公式 - 30分で自転車デビュー | 3歳からの子供用自転車

※画像は全てHPよりお借りしています

f:id:ringo_co:20170802054102j:plain

初めはバランスバイクとして使って、上手に乗れるようになったら自転車へ変身。 

いいじゃん!これいいじゃん!!

f:id:ringo_co:20170802054127j:plain

そう、まさに!!

しーちゃんの場合、絶対補助輪を外すことに抵抗すると思ったんです。生粋のビビリなので。

だったら最初から「自転車は補助輪がないもの」として与えた方が話は早い気がする!!

母目線ではありますが、非常にしーちゃん向きの自転車だと感じました。

 

「しーちゃん、へんしんバイクっていうものがあるみたいなんだけど、お誕生日にこの自転車はどうかな?」と、公式HPの動画を見せながら聞いてみたら

「へんしんバイク!???」と、目をキランと輝かせ、

「欲しい!!4歳の誕生日プレゼントはへんしんバイクにするーーヽ(`∀´)ノ!!」と。

ネーミングがドツボだったみたいです。笑
『へんしん』というワードにかっこよさを感じた模様。

以後、やたらと「へんしんバイク」と口にするようになった娘。

子供用自転車を全て「へんしんバイク」と呼び、「おーくんはまだ赤ちゃんの自転車(三輪車のこと)だね。しーちゃんはへんしんバイク乗っちゃうんだよ!だってお姉さんだもーーん!!」と弟にも自慢し出す始末。

ありがとう、ネーミングだけでここまで食いついてくれてありがとう。

 

実際の乗り心地を見るために取り扱い店舗にも行ってみたのですが、見るなり駆け寄り、そしてまたがる。

良かった、ネーミングだけでなく実物にも食いついてくれた。笑

サイズ的にも問題なし。 

ストライダーよりも重さはあるようだったけど、乗る対象が4歳児だからまぁこの重さでもなんとかなるでしょう!!

その場で買ってきても良かったんですけども、9月が誕生日なのに7月に買うのはさすがに早すぎるね、ってことで、もう少しだけお預けとなりました。

とはいえ、すごく心待ちにしているので8月中旬くらいにはフライングで買おうかと思っています。

 

『へんしんバイク』は残念ながら楽天やAmazonでは取り扱っておらず、公式HPか取り扱い店のみの販売となっている模様。

楽天で買いたかったーーー('A`)

私は『スポーツデポ』に試乗しに行ってきたのですが、そこで購入するとTポイントが貯まるようでしたので、購入もそちらで行おうと思っています(●´艸`)

楽天ポイントが貯まらないならせめてTポイントをくれっ!!!

↓取り扱い店舗一覧

店舗一覧|公式「へんしんバイク取扱店」

 

へんしんバイクは、出来ればおーくんにもお下がりしたいと考えているお母ちゃん。

でも、しーちゃんどうせピンクがいいって言うんでしょ。
おーくん、ピンクでも乗るって言ってくれるかなぁ…

なんて思っていたら、

「しーちゃん、へんしんバイクは赤がいい!!」と言うではありませんか。

「えっ!?ホント!??」と一番喜んだのは言うまでもなく私。

赤ならおーくんにもお下がりしやすいーーーヽ(`∀´)ノ!!!

しーちゃんの気持ちが変わってはいけないと、「赤って素敵だよね!ママ赤だーいすき♡見て、ママのスマホケースも赤だよ!赤って大人な色だよねぇ♡」と、赤を押しまくっています。

f:id:ringo_co:20170802054140p:plain

私もこの中なら赤が一番好きなのよね(●´艸`)

気持ちが変わらぬうちに買いに行かねば。笑

帰省から戻り次第買いに行こうと思っていますヽ(`∀´)ノ  

 

今後の自転車購入の流れを考える 

 

自転車作戦の第一弾はしーちゃんへの「へんしんバイク」で決定。

今後の一番効率的(経済的ともいう)な流れを想像すると…

 

しーちゃん4歳
へんしんバイクを購入。

おーくん2歳
おーくんがもし興味を持つようならバランスバイクを購入。興味を持たなかったら特に何もせず。(購入の場合はお値段の安いストライダーもどきにしようかな)

しーちゃん6歳
自転車が上手に乗れるようになったらサイズを上げて普通の自転車を購入。

おーくん4歳
へんしんバイクのお下がり。

おーくん6歳
自転車が上手に乗れるようになったらおーくんにサイズを上げて自転車を購入。(もしくはしーちゃんのお下がり)

 

本音としては、自転車のサイズが安定するまで(買い替えなくてもよいサイズになるまで)は姉⇒弟のお下がりでしのぎたいヽ(´o`;

とはいえ、年齢差も近いことだし、おーくんが6歳の時点ではしーちゃんとさほど体格差がない気もする。

それに、男女ならではの好みの違いもあるだろう。

その辺りは、実際の子供達の意見を聞きつつ対応していきたいと思います(●´ω`●)

おーくんがお下がりに抵抗のない子だったら、しーちゃん自転車をお下がりしようと思います。その方が経済的!!

 

そんなこんなで、ついにわが家に自転車がやってくる予定です(●´艸`)

ビビリのしーちゃんが自転車に乗れるようになるのはいつの日か。

本当に食いついてくれるのか否か。

 

『へんしんバイク』のその後もまた記録していこうと思っています^^