りんごの時間。

AIHを経て5歳3歳の二児の母へ。二人育児の記録。

【4歳2歳】最近の寝かしつけ記録。寝かしつけに役立っているアイテム『おやすみホームシアター』。


【スポンサーリンク】


おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

4歳7ヶ月と2歳7ヶ月(明日で2歳8ヶ月)の子を育てております。

母になってから4年と7ヶ月。

しみじみ「楽になったなぁ…」と感じることが増えています。

 

寝かしつけもその一つ。

もうそろそろ「寝かしつけ」というワードも必要ないかもしれない。

 

今日はそんな現在の「寝かしつけ」についてひっさしぶりに記録しようと思います(●´З`●)

 

ここ最近の寝かしつけの記録

お昼寝事情

寝かしつけの前に日中のおーくんの様子を。

お昼寝ほとんどしなくなりました。

いやん(´;ω;`)!!

 

しない日が増えた、とかじゃなく8割方しなくなった。

たまーに寝ちゃう日もあるけど、今までだったらこのタイミングで絶対寝てたよね!?というタイミングでも背筋をピーンと伸ばして起きているし、

万が一寝たとしても15分くらいでサクッと起きちゃう。

 

夕方に寝られてしまうのが一番困るので、おーくんが眠たそうなときには先にお風呂に入ったり、テレビはつけないようにしたり(テレビを見ながらの寝落ちが一番確立高い)。

私も「寝せない努力」をしています。

寝ない前提での生活リズムに切り替えました。

 

寝かしつけ事情

おーくん昼寝なし生活なもので、夜は自然と眠たくなるようです。

気が付いたらソファーで寝てしまうこともあり、そんな日に備えて歯磨きは早めに終わらせています。

ソファーで寝ないにしろ、眠いと思ったときには「ねむい、もう寝る」と伝えて来てくれます。

「じゃぁ、ねんねのお部屋行って一人で寝る?」と聞くと「うん」と。

お友達(しまじろう・アンパンマン・カメのぬいぐるみ)と一緒に寝室に行き、スリーパーを着せて、

「ママも準備出来たらねんねのお部屋来るからね、それまでここで横になって待っててね」と伝え、寝室を後にすると…

大抵一人で寝ています。

しーちゃんがこの年齢のとき、一人で寝るとか絶対考えられなかったし、まず無理だったと思う。

やはり、この子は「寝」に関しての才能に溢れている…とその堂々たる寝姿を見るたび毎度思います。

 

昨日はそんな感じで、一人で寝てくれました。

 

しーちゃんも、「今日はママまだお仕事たくさんあってまだ寝れなさそうだから、もし眠たいんだったら先に一人で寝てて」と伝えると、一人で寝てくれる日もあり。

でも、基本的にはママにくっついて寝たいみたいです。

 

パパの寝かしつけでも寝てくれるようになった

土日の寝かしつけ、パパがやることが増えました。

赤子の頃はあんなにパパの寝かしつけを号泣で拒否していた娘も、さすがに嫌がらなくなりました。

でも、くっついて寝たりはしないみたい。(←これは私の特権)

 

わが家の寝かしつけで役立っているアイテム

前にもブログで紹介したことはありましたが、ミッキーの寝かしつけアイテムを今も愛用しています。

 

 

天井に音楽と共にスライドショーが流れる、的な代物。

これを眺めながら音楽を聴いているうちに眠りにつく…みたいな。

おーくとの相性、バッチリでした。

また、これを付けると部屋が多少明るくなるのですが、暗闇が苦手なしーちゃんにもこの明るさが怖くなくてちょうどいいみたいです。

 

これを付けたら寝る、みたいな流れも定着し、わが家の寝かしつけに欠かせないアイテムとなりました。

ちなみに、私はこれを当時フリマアプリで購入。

充分元とったと思う。

 

↓過去記事でも触れていました。わちゃわちゃした寝かしつけ時代。

www.ringo-time.com

 

今気になる寝かしつけアイテム 

ずーっと気になっているのがこのアイテム。

 

 

ディズニーの絵本を読み聞かせしてくれるんですって!!

おやすみホームシアターは音楽と映像だけだけど、それに読み聞かせも加わるだなんて、なんていう贅沢。

コンテンツも盛りだくさんで、これは面白そうだな~と感じています。

でも、中々なお値段。

 おやすみホームシアターでの就寝リズムが定着したわけだし、わざわざ買い替えなくてもいいとは思いつつ、絵本好きなわが子達に合っていそうだな~なんて思ったりもしています。

 

そんなわけで

気が付いたら私が寝かしつけせずとも寝てくれる日が増えました。

気が付いたら、よ。ほんとに。

 

さっさと寝てくれ!とイライラしていたあの日に懐かしさすら感じてしまう。

戻りたいかと言われたら、全力で断るけども。

何よりも一番イライラしなくて済むようになった要因は、

『自分も子供と一緒に寝てしまう』という生活に切り替えたことだと思う。

おやすみホームシアターを見ながら寝かしつけられちゃうのは子供だけじゃなく私も。

でも、寝たとしても「寝落ちしちゃった」なんていう罪悪感を感じなくていい。

多少寝るのに時間かかっても「自分の時間が無くなる!」だなんてイライラしなくていい。

毎回気持ちよーく一緒に寝ています(●´ω`●)

 

過去を振り返ると、随分と楽になったなぁ…としみじみ感じるけど、今の生活は過去の自分の頑張りがあってこそなんだよな、とも思う。

自分、よくやったよ。

2年前の自分、お疲れさま(●´∀`●)