りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

しーちゃん語録

【スポンサーリンク】


こんばんは、りんごです(・∀・)ゝ 

 

「な~によ、かわいこちゃ~ん」

と、泣いているおーくんの元へ駆け寄るしーちゃん。

 

うける(`∀´)笑

 

ってか、私普段こんなこと言ってるんだと、娘から出てくる言葉を聞いてハッと気づくことが多々あります。

やだ、無意識に「かわいこちゃん」なんて言ってたなんて。

そんな自分に気づきたくなかった。笑

  

ここ最近、しーちゃんメキメキとお話が上達しています。

まだ舌ったらずな言い方がとっても可愛い(●´З`●)

『どうぞ→どうじょ』 

みたいな、典型的な幼児言葉になっているのがまた萌え萌えポイントです。

期間限定なんだもんな~、こんな話し方してくれるの。

 

ムービー撮ったり、キュンときた会話をめもったり。

今の一瞬を残すべく地味に頑張るお母ちゃん。 

 

昨日、マックのポテトをしーちゃんと食べたんですが、残り僅かなところにきて急に

「パパと食べる。パパとはんぶんこする」と。 

こーれはパパ喜ぶぞ、と急いで動画を撮りはじめる私。

 「パパ帰ってから食べりゅの。二人ではんぶんこすりゅの。パパまだかなー、遅いかなー」

  

早速LINEでパパに動画を送ったら…

ホントに早く帰ってきたヽ(`∀´)ノ笑 

 

仕事持ち帰ってまで早く帰ってきた夫。
相当嬉しかったらしい。

 

しーちゃんが残してくれたポテトを二人で一緒に食べ、あまりの嬉しさに「涙でてくるわ」と夫感涙。

パパイヤイヤ期が落ち着いて良かったね、と私も嬉しくなりました。 

 

「おーくん歯ないからー、ご飯たべられないねー」と、自分のご飯をおーくんに見せびらかしながら自慢げに言うしーちゃん。 

今日も、「おーくん見て見て―、これおねーちゃんの納豆だよー」と自慢していました。笑 

もうそろそろ、おーくん歯がないけどご飯食べ始めるよ。
早く一緒に食べたいね(●´З`●) 

 

「しーちゃん、おねーちゃんだから」と、おーくんのことを本当に大事に思ってくれているしーちゃん。

 おもちゃやおむつを持ってきてくれたり、いないいないばぁをしてあげたり。

そんな様子を見ていると、何とも言えないほっこりとした気持ちになります。 

 

夫がおーくんをケラケラ笑わせていたのが羨ましかったのか「しーちゃんも!!」と必死でおーくんをこちょこちょ~としたものの、おーくん無表情。

「できないーーー」ととっても悔しそうに嘆いていました。

夫と共に吹いてしまった(●´艸`)プッ 

 

おーくんが笑うとしーちゃんも嬉しそう。

おーくんが泣くと、「どうしたの~?」と近寄ってあやしてくれる。 

優しいお姉ちゃんがいて、おーくんは本当に幸せ者だな~(●´З`●) 

 

実家への帰省だったり、一時預かりだったり。

ここ最近のたくさんの刺激がしーちゃんのおしゃべりにいい影響を与えてくれた気がします。

 

おーくんの4ヶ月検診の際にもまた一時預かりを利用する予定をしているので、また刺激をたくさんもらってさらに一歩お姉ちゃんに成長してくれることを期待していますヾ(´⊆`*)ノ

  

気づけば、しーちゃんが私に「うるさい!」と連呼することもなくなり、しーちゃんのイヤイヤも一山越えたような気がします。

このあとにもっと高い山が待ち構えているのかもしれないけど…ヽ(´o`;

  

今、私の気持ちはかなりニュートラルな感じ。

数ヶ月前のイライラしまくっていた自分に教えてあげたい。

ここが頑張りどころだぞ!と。

 

こうやって子供はどんどん成長していって、育児の形や生活スタイルは日々変化していくのね、なんて他人事のように思ってしまいました。

 

お掃除してる~

 

よっ☆

 

そういえば、今日掃除機かけてたら

「ママ、ピカピカなったね、ありがと♡♡」と言われました。

 

あーもぅ、ほんと可愛い(●´艸`)♡♡