りんごの時間。

AIHを経て5歳3歳の二児の母へ。二人育児の記録。

【GWおでかけ記録】大人も子どもも全力で楽しめる動物園!!旭山動物園の魅力と子どもたちの反応をレポします!



 おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

GWの10連休を利用しての北海道帰省。

今回の帰省では、満を持して!!

旭山動物園に行ってまいりました!!!

 

f:id:ringo_co:20190508133417j:plain 

わが子達が動物好きに育っているのをヒシヒシと感じていたので、いつかは連れて行ってあげたいと思っていた場所の一つ。

今回、車も連れて帰省したことでその夢が叶いました。 

 

子どもだけではなく大人もものっすごぉーーーく楽しめるワクワクしっぱなしの動物園でしたので、旭山動物園の魅力をレポしたいと思います♡♡

魅力を詰め込み過ぎて、だいぶ長くなってしまいました(;´∀`)
私の興奮、ぜひとも伝わってほしい…!!笑

 

↓ここに行けたのは車と帰れたおかげ。フェリーありがとう。 

www.ringo-time.com

 

旭山動物園概要

住所

ここです!!!(説明をGoogleMAPに丸投げ。笑) 

 

開園期間・時間 

区分 期間 時間帯
夏期開園 2019年4月27日(土)~2019年10月15日(火) 9:30~17:15
同上 2019年10月16日(水)~2019年11月3日(日・祝) 9:30~16:30
夜の動物園 2019年8月10日(土)~2019年8月16日(金) 9:30~21:00
冬期開園 2019年11月11日(月)~2020年4月7日(火) 10:30~15:30

 

時期によって開園時間が異なりますので要注意!

特に冬期は短いです!!

  

料金

区分 通常料金 市民特別料金
大人(高校生以上) 820円 590円
小人(中学生以下) 無料 無料
動物園パスポート 1,020円 1,020円

 

や、安いぃぃーー(;゚;Д;゚;)!!!!

旭川市民だとさらに安い!!羨ましい!!

ってか年パスの安さにビビる。2回行けば元が取れるじゃないか…(;O;)♡

なんて良心的なんだ…

 

旭山動物園には無料の駐車場が完備されていました!

f:id:ringo_co:20190508221224p:plain

無料の駐車場が完備されているのが大変ありがたい。

車かバスじゃないといけないからねヽ(´o`;

途中、有料の駐車場で客引きがありましたが、華麗に無視するべしっ!!!

ただ、訪れる時間によっては満車の場合ももちろんありますので、到着が遅くなる場合には有料の駐車場も視野に入れつつ…になるかと思われます。

 

尚、わが家は「東門駐車場」に駐車しました。

GW期間中オープンの30分ほど前に到着して1/3~半分ほど埋まっていたかしら。

正門駐車場は一番人気がありすぐ満車になってしまうそうなので、台数も多い東門が狙い目かと思います(●´艸`)

東門駐車場は坂の上にあるので行きはいいけど帰りはキツイ状態になりますが…かぴばら館から東門までの無料シャトルバスも出ていまして、わが家は帰りそれに乗ったので楽ちんでした。笑

(疲れ切って坂道を上る気力がなかった…笑)

  

↓動物園に関する詳細案内はHPをご覧くださいませ。

www.city.asahikawa.hokkaido.jp

  

旭山動物園をより楽しむためにしたこと

せっかく遠路はるばる来た旭山動物園。

動物園をめいっぱい楽しむためにしたこと、です(●´艸`)

 

オープン前には到着するようにした

義実家のある札幌を朝の6時半に出ました。超気合十分です。

オープンの30分前に到着したおかげで、駐車場にもすんなり停めることが出来、チケット売り場にも並ぶことなく、早々に園内に入場することが出来ました。(15分早く9:15には入場させてもらえました)

尚、この前日に旭山動物園に行った友達の話によると、昼頃についたらチケット売り場が長蛇の列で30分並んでやっとチケットが買えた…という状況だったようです。

早めに行って損はなし!!!

 

スタンプブックを購入しました 

わが子達はスタンプラリーが大好物。

スタンプラリーがあることを知ったらもう

しーちゃん吹き出し

やりたいやりたいやりたいやりたいやりたい!!!

となることは必至。(案の定なりました)

f:id:ringo_co:20190508130858j:plain

そんなわけで、早々にスタンプブックを購入しました。

尚、このスタンプブックは売店で販売されています。

f:id:ringo_co:20190508130943j:plain

540円と少々お高めではありますが、ペン付きなのでまぁ許容範囲かな。(出来ればブックのみ200円とかで販売して欲しかったけども)

f:id:ringo_co:20190508131031j:plain

スタンプは園内満遍なく設置されています。

なので、もしかしたらベビーカーの方には少々きついかもしれません。

(園内アップダウンもあるし、なんせ広いっ!!!)

f:id:ringo_co:20190508131124j:plain

しかしながら、このスタンプが全部揃うと中々な達成感で非常に良い旅の思い出になりました!!

スタンプラリーが好きなお子さんならやって損はないと思いますヽ(`∀´)ノ

 

お昼は持ち込んで気楽にベンチで食べました

旭山動物園に限らず、ですが。

この手のレジャー施設に行くと、どうしてもお昼ご飯に時間を取られがち。

ものすごーーく並んでいたり、席を探すのに一苦労したり。

それに、お昼ご飯代って結構お金がかかるのよね…

なので、わが家は大抵この手のレジャー施設に行く際にはおにぎりを持っていくようにしています。(今回はコンビニで購入)

ベンチはたくさんあったので、のんびりベンチに座っておにぎりを食べることが出来ました。

りんご吹き出し

節約にもなりました。ムフフ

 

私が感じた『旭山動物園の魅力』

たくさんの人に語りつくされている内容だとは思いますが、改めて訪れてみて「やっぱりすごい!」と感じた魅力についてまとめてみますヽ(`∀´)ノ

 

色んな視点から動物を見ることが出来る

動物園の展示って、大抵目線だと思うんですよ。

平行というか、大体が同じ高さだと思うんです。

でも、旭山動物園は違うのですっ!!! 

 

f:id:ringo_co:20190508133808j:plain

下からも見れるし、(こんなに近くで…!!)

f:id:ringo_co:20190508133745j:plain

上からも見れちゃう!

 

f:id:ringo_co:20190508134125j:plain

上から間近で見れちゃうし、

f:id:ringo_co:20190508134157j:plain

下から見上げてみることだって出来ちゃう。(羨ましい!私もこのタイミングで下にいたかった!)

f:id:ringo_co:20190508134241j:plain

間近で見るのと同じ陸に立ってみるのとではまたキリンの見方も変わりますね(●´艸`)

 

f:id:ringo_co:20190508133921j:plain

陸での姿も見れるし、(大きい…!!)

f:id:ringo_co:20190508133957j:plain

水の中の姿も見れちゃう!!

f:id:ringo_co:20190508134024j:plain

エサの時間の迫力たるや、本当にすごかった!

 

f:id:ringo_co:20190508230113j:plain

そして有名なコレですよ!!

いやー、人が多かった…ヽ(´o`;

f:id:ringo_co:20190510235718j:plain

昔訪れたときの写真の方見やすく撮れていました。(2007年撮影)

f:id:ringo_co:20190508230139j:plain

まるで空を飛んでいるようではないですか。

一般的な動物園や水族館では同じ場所をひたすらクルクル泳いでいることが多いけど、旭山動物園では筒を通るところも見れちゃうし、下から見上げてみることだって出来ちゃう。

 

f:id:ringo_co:20190508231020j:plain

また、こんな間近で見れちゃうかも!?なスリリングな覗き穴なんかも要所要所であったりして、もう子どもたちキャキャしまくり。(オオカミとシロクマのところであったような記憶) 

しーちゃん吹き出し

色々見れておもしろーーーい!!

旭山動物園の立地(高低差がある)を存分に活かし、なおかつ動物たちの行動や習性を上手に取り入れた施設だからこその面白さだと感じました。

いろんな角度から見ることが出来るなんて、贅沢すぎるぞ!!!

 

イキイキとした迫力満点な動物の姿を見ることが出来る

私の『動物園のカバ』の印象って、

f:id:ringo_co:20190508134601j:plain

こんな感じ。

寝てるか、水の中でジッとしているか。

でも、旭山動物園のカバさんは寝ているだけではなく…

f:id:ringo_co:20190508134702j:plain

めちゃくちゃイキイキと泳いでいらっしゃる...!!

ずーーーっと見ていられるくらい大変優雅な泳ぎっぷりでした。

ついでに「カバはうんちをまき散らす」という現場まで見ることが出来ました。笑

(飼育員さんが「離れてください!離れてください!今からうんちをまき散らします!離れてください!」って注意喚起してました。笑)

おーくん吹き出し

カバしゃんがくるくるしてるところがおもちろかった!!

f:id:ringo_co:20190508133549j:plain

こちらのテナガザルさんもですね、

f:id:ringo_co:20190508225526j:plain

こんなんで、

f:id:ringo_co:20190508225538j:plain

こんなんだったんですよ!

f:id:ringo_co:20190508225602j:plain

てながざる館の全体像はこのような感じ。なんと開放的な。

もう、私がサルならぜひここに住みたいと思うレベル。(しかも食事つき!!)

りんご吹き出し

テナガザルの躍動感に度肝抜かれたわ…!!プリケツがカワイイ!!

旭山動物園の動物全てに言えることは「ジッとしていない!」ということ。

動物園の動物にありがちな「ずっと寝てる」「全然動かない」というのがここの動物達にはない。

だからこその見応え。

動物にとっても、自分が動きやすいように環境を整えてもらえて、生きやすいだろうなと感じました。

動物だってさ、ホントはこんな場所じゃなくて自然の中が一番良いわけで…

ちょっとでも自然の環境に近づけてあげようという動物園側の優しさを感じました。
 

動物園で動物を観察してここまで面白いと思ったのは旭山動物園が一番だ!!!  

 

動物以外の展示も面白い!!

f:id:ringo_co:20190508231151j:plain

ダチョウの卵の重さは何キロでしょうか!!

f:id:ringo_co:20190508231517j:plain

正解はぁー、1.4㎏でしたぁーー!!

(ニワトリの卵は殻付きで60gくらい。ダチョウすげぇ!!!)

 

f:id:ringo_co:20190508231558j:plain

子どもたちが毎回食いついていたのがこちらの『わくわくパズル』。

要所要所に置かれていて、必ず引き寄せられていました。笑

 

f:id:ringo_co:20190508231543j:plain

実物大パネルと共に。

ゾウアザラシの大きさ、とてつもなかったです。いやもう、勝てる気がしない。

f:id:ringo_co:20190510102843j:plain

こちらはペンギンの実物大パネル。

エンペラーペンギンまであと10cm!!もうすぐでエンペラー越えだ!!!笑 

f:id:ringo_co:20190511000607j:plain

尚、ペンギン館の中の展示はこんな感じ。(当時24歳の私です…笑)

 

f:id:ringo_co:20190508231754j:plain

おもむろにぶら下げられていたトナカイの角。

これを見てふと気づくんです。

f:id:ringo_co:20190508233542j:plain

あれ、トナカイの角に毛が生えているぞ…(;゚;Д;゚;)??と。

なんでも成長途中の角は毛でおおわれ守られているのだそうです。

成長が終わると毛が抜け、展示されていた角と同じく白い角になるんですって!

また、トナカイはメスにも角が生えるそうです。

一つ賢くなりました。笑

   

f:id:ringo_co:20190510103302j:plain

各動物の展示には必ず飼育員さん手作りと思われるパネルが掲示されていました。

ちゃーんとふりがなまでふってあるよ…(´;ω;`)♡

こういったパネルを読んでいくのも大変勉強になり面白かったです。

動物園は動物を見る場所じゃないな、生きものについて学ぶ場所だな。

と感じました。

 

f:id:ringo_co:20190508231715j:plain

ゴリラの自動販売機。笑

何気に撮影スポット化していました。

 

ただただ見るだけではなく動物との共存や命について考えることが出来る

上記の『展示が面白い』と通じる項目ではありますが、旭山動物園が普通の動物園と違うと感じるところは『動物と人間のありかたを考えさせられる』という点だと思うんです。 

 

f:id:ringo_co:20190511002826j:plain

旭山動物園のテーマは、『伝えるのは、命』。

展示で多くの『命』について来場者へ伝えていました。

 

先ほどのカバさんの展示のところには、このような内容の掲示物が貼られていました。

カバを見て「大きい!すごい!」と思うだけではなく、環境汚染などでカバの住む場所が脅かされ個体数が減少しているという事実も知ってもらいたい

(記憶を辿ってあっさりめに書きましたが実際にはもっとたくさんの情報を盛り込みながら書かれていました)

凄い、だけで終わらせてほしくない。

という部分に、言葉の重みと言いましょうか、人間が今後考えなければならなければいけない使命のようなものを感じました。

 

写真には撮り忘れてしまったのですが…

オオカミ館の中にも、エゾオオカミがなぜ絶滅しかけているのかということが物語風に展示されていました。

『北海道にたくさんいたエゾオオカミ。しかし、あとから来た人間が家畜を襲うという身勝手な理由で次々に殺していった結果、オオカミは絶滅しそうなほど減少し、遠吠えは聞こえなくなった』

今は、エゾオオカミが捕食していたエゾジカが爆発的に増え、その結果農作物を荒らされてしまっているとのこと。

食物連鎖を人間のエゴで壊しちゃいけない。

生態系を人間のエゴで壊すことは許されないことだ。

その話を読んでそう感じました。

 

f:id:ringo_co:20190508230653j:plain

私が最も読んでいて胸にグッときたのはこちらの展示。

医大生とのコラボ展示で『旭山動物園に住む動物の死』について触れているパネルでした。

動物園で生きる動物がどうやって死を迎えたのかが書かれている展示って今まで見たことが無くて…

f:id:ringo_co:20190510124020j:plain

f:id:ringo_co:20190510124027j:plain

「ちょっとのいいこと」を感じることができる気持ちの状態が「幸せ」で、その積み重ねが「幸せな最期」に繋がっていくのでは…今はそう思います。

 

辛い状況が続くと、「ちょっとのいいこと」に気づく余裕もなくなるものね。

「ちょっといいことあった」と感じ気づけること、それが「幸せ」か。

私もそんな「幸せ」を積み重ねて、自分の命を全うしたいな。

旭山動物園のブログにも動物の死について触れた記事がありました

パックから考える動物園動物の死| 旭川市 旭山動物園

りんご吹き出し

パネル展示にグッときました。動物園に住んでいる動物達の命について改めて考えさせられました。

 

動物園で働いている人の動物への愛情を感じることが出来る

動物園にありがちなものといえば『ふれあいコーナー』かと思うのですが、旭山動物園でも動物と触れ合うことが出来ました。

f:id:ringo_co:20190508232139j:plain

が、四六時中というわけではなく、時間がちゃんと決められていました。

f:id:ringo_co:20190508232213j:plain

また、触れ合い中もウサギ一匹につき飼育員さんが一人対応するという手厚さで、ウサギを疲れさせないようにという厳重体制が張られている…!と感じました。

 

旭山動物園では「エサやり体験」のようなものはなく(見逃していただけならすみません)、触れ合いに関してはかなり制限がされているように感じます。

でも、これってようは『エサをどのくらい食べたかの管理をちゃんとしたい』『動物を不要に疲れさせたくない』という園側の動物への愛がなせる業なのかなと思いました。

だって、エサやりなんてもう、園にとっては稼ぎスポットじゃないですか。←

それをあえてやらない、というところに私は愛を感じました。

と言いつつ、わが子達はそういう触れ合いスポットも好きなのですが…ヽ(´o`;
矛盾していて申し訳ない…

 

f:id:ringo_co:20190508231625j:plain

動物園のお医者さんのお仕事について書かれたパネルもあったのですが、いやホントすごいよ、動物のお医者さんって。

こんなにもオールマイティーにこなさないといけないのね…

獣医さんの大変さや命を扱うことによる責任の重さを知ると同時に、そのお仕事の素晴らしさをこのパネルで感じました。

しーちゃんの夢、中々大変なお仕事だけど…やりがいに満ち溢れていそうだ…!!

しーちゃん吹き出し

しーちゃんもこういう仕事がしたい!!

 

お土産が超可愛くてお買い物も楽しい!!

という熱い話から一変。

大変ミーハーな理由ですが、お土産選びもめちゃんこ楽しいです!!笑

f:id:ringo_co:20190508131512j:plain

今回購入してきたラインナップ。

(お菓子はお友達へのお土産です!)

もう、どれもこれもかーーわいくって♡♡

私が特にお気に入りなのは、

f:id:ringo_co:20190508131612j:plain

ヘアゴム!!!

1個と言わず数個買ってきたいくらいでした。可愛い!!!

子どもたちが選んだのはこちら。

f:id:ringo_co:20190508131644j:plain

動物お手玉。笑

えっ!?これがいいの!???と何度も確認しましたが、これがいいそうです。

一人2個ずつ、計4個。

可愛くて、これまた癒されます。

滅多に来れないんだ、好きなもの買っちゃおうぜ!!な気持ちになってしまうのがこういう売店の恐ろしいところ。

財布の紐、緩むどころかどっかに落としたよね。

パパ吹き出し

嫁と子を止めるのに必死でした…

また、売店で売っていたお土産とはまたちょっと違いますが、

f:id:ringo_co:20190508131758j:plain

ガチャガチャも熱かった!!!

見た瞬間「これは絶対やる…!」って決めちゃったもんね。

f:id:ringo_co:20190508131829j:plain

このマグネット、可愛すぎるでしょうよ…

f:id:ringo_co:20190508132133j:plain

私と子ども達でガチャガチャをして、わが家にお迎えしたのはこの3つ。

「これが欲しい」と思った3つが見事当たるというミラクル...!!

ホワイトボードを見るたびにワクワクしちゃいそう(●´艸`)

↓これに貼り付けました 

www.ringo-time.com

  

動物好きなら一度は行ってみて欲しい、そんな動物園でした

f:id:ringo_co:20190508233618j:plain

お座りが出来るようになった赤子のような座り方をするクマに昔のわが子を重ねキュンとしてみたり、

f:id:ringo_co:20190508233645j:plain

うなだれ気味のペンギンに「どうしたどうした」と声をかけたくなったり、

f:id:ringo_co:20190508233815j:plain

上を見上げたらヘビがいて「ギャァァ!!」ってなってみたり、(不意打ち反対!!笑)

f:id:ringo_co:20190508233851j:plain

オオカミのイケメンな眼光にハートを射抜かれたり。(かっこ良すぎだろ...)

 

なんかもう、とにかく、すっごく面白かった!!(←幼児並みの語彙力)
 

北海道に住んでいた際、2度ほど確か訪れたことがあったはずなのですが(最後に訪れたのは24歳か)、あれ、当時こんなに面白いって思ったっけ。

歳を重ね、見る視点も変わってきたのかもしれないな。

これまで、動物園に関しては子どものために付き合って行くところという認識でおりましたが、旭山動物園に関しては『むしろ前のめりで率先して行きたい場所』でした!! 

近くにあれば…年パス買って通い詰めるのに…(´;ω;`)

 

また機会があればぜひ行きたいです!!!

北海道旅行をされる際はぜひ足を運んでみてください♡♡

(北海道広すぎて旭川まで足を運ぶのが大変というのがネックなのですが…、それでもぜひ行ってみて欲しい!ぜひに!!)

以上、りんごによるボリューム多すぎな旭山動物園レポでした。笑

 

↓旭山動物園で撮ってきた写真はフォトアルバムにしよう、そうしよう。
気持ちが乗ってるうちに作らないと…(すぐ忘れるからね)

www.ringo-time.com