りんごの時間。

AIHを経て5歳3歳の二児の母へ。二人育児の記録。

【お年玉の使い方】5歳娘、お年玉で初めて買い物をする。そして、改めてお金の教育について考えました。


【スポンサーリンク】


おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

子供へのお金の教育…

どうしましょうね、どうしましょうね。

子供に教えられるほどお金の使い方に対しての自信はないし、なんなら私もお金について学びたいくらいマネーレベルの低い人間でございます。

 

さてさて。

そんなわが家にやってまいりました『お年玉』

今までは私達親からのお年玉は用意しておらず、親戚から頂いたお年玉は全てそれぞれの口座に入金していましたが、ふと「今年は直接あげてみるか…」と思い立ち。

初めて『パパ・ママより』というお年玉を用意し、1月1日の元日に「大切に使ってね」と渡してみました。

 

今日は、そんなお年玉にまつわるアレコレについて、です。

 

お年玉の使い方でひと悶着

初売りでの出来事。

いわゆるファンシーショップと言うのでしょうか。

キャラクターもののアイテムが所狭しと陳列されているという幼き子にとってそれはそれは魅力に感じるお店。

その店頭に『キャラクター福袋』と銘打ったものが並べられていました。

 

そのキャラクター福袋の中身はというと

・プリンセスの筆箱
・プリンセスの鉛筆
・プリンセスの消しゴム
・プリンセスの付箋
・プリンセスのバッグ(100均にもありそうなA4サイズのプラスチックのやつ)

という、プリンセス好きなら目がハートになってしまいそうな文房具セット。

その他にも、ミニオンズやスヌーピーといったキャラクターものも置いていました。

 

それを見たしーちゃんはというと。

(●♡∀♡●)

えぇ、案の定目がハートになりまして。

 

私個人としては、そのとき持ってきているわけではなかったけどお年玉をもらったばかりだったわけで、そしてそのお年玉で買える金額(1000円)だったわけだし、本人が欲しいなら買ってもいいんじゃない?と思ったわけです。

だって、この福袋見つけたの私なんだもん。笑

しーちゃん絶対好きそうだと思ってさ。

 

ところが超堅実人間な夫はというと

「家に文房具はたくさんあるし、プリンセスのものもたくさんある。衝動的に買わない方がいい。今はいらない」と頑なにNO。

(使うときはバシッと使う夫ですが、こういう衝動買い的なものを非常に嫌がる一面があります。本当に必要なのかどうか考えてからお金を使え、と。)

 

とはいえ、これは福袋。

多分今日買わなかったらもう買えない。

しーちゃんは「プリンセスの文房具欲しい!欲しい!」と言っていたのですが、結局買えず仕舞いでした。

 

その日から数日経っても、なんとなーーーーーくモヤモヤが晴れずにいた私。

うーん…

あれ、本当はしーちゃんものすごく欲しかったんじゃないんだろうか…

お年玉の使い方としては衝動的だったのかもしれないけど、それで嬉しい思いするのも後悔するのもしーちゃんなわけだし、別にそれはそれでよかったんじゃなかろうか…

 

そう思い、しーちゃんに「プリンセスの文房具、本当は欲しかった?」と聞いてみたところ「うん、プリントやるときとかお手紙書くときとかに使いたかった。前からプリンセスのノートとかが欲しかった」と、語っていて。

だよね、うん。

今からでも買えないものかと件のファンシーなお店に問い合わせてみたけど、プリンセスのものはもう完売。

 

モヤモヤを抑えきれなくなり、夫に「ちょっと話がある」と一連の話をして、「お年玉は好きに使わせてあげようよ。失敗したってそれも勉強になるじゃない」と伝えたところ、「もちろんお年玉は使ってもいいと思ってる。けど、短絡的に衝動的に使うのはやめたほうがいいんじゃないかって思っただけ。前から欲しがっているものだとは思わなかった。しーちゃんごめんね」

とのことでした。

 

という経緯を経て。

『もうあれだ、ママと二人でお買い物デートしよう!!』

お年玉握りしめて、好きなもの買いに行こうぜっ!!

ということが決まった次第です。

 

「行く行くーーーヽ(`∀´)ノ!!」

この時のしーちゃんの嬉しそうな顔ったら。私に抱きついてきたもの。笑

好きなもの買うよりも『ママと二人でデート』に対して喜んでました。

かわいいやつめっ!!!

 

久しぶりの娘とのデート

しーちゃんと二人きりで出かけるということは普段まず出来ません。

未就園児のおーくんと二人でデートは出来ても、しーちゃんと出かけるときは3人か4人。

意図して時間を作らないと出来ない、それが上の子とのデートなのです。

ものっすごく久しぶりのデートでした。

 

デートするにあたってのネックは息子おーくん。

二人で出かけるって言ったら、絶対一緒に行くっていうもの…

なので、私としーちゃんが出かける前に、パパとおーくんで先に出かけてもらうことにしました。

が、「しーちゃんと一緒がいい(´;ω;`) しーちゃんと一緒に行きたい(´;ω;`)」と泣きだすおーくん。

母じゃなくしーちゃんと離れたくなかった模様。(母ちょっと切ない)

泣くおーくんをどうにか説得し、パパと二人で自転車探検の旅へと出かけてもらったのでありました。

(後に、遊具で超満面の笑みを浮かべて遊ぶおーくんの写真が送られてきて、それを見たしーちゃんが「ずるい、しーちゃんも行きたかった」と言い出すという事態に。いや、今デート中!切なさハンパねぇ!!) 

 

娘が気になったアイテム

そんなこんなで二人でお買い物デート決行。

以下、お店でしーちゃんが気になったアイテムたち。

やっぱりプリンセスが気になるようでした。

 

カトラリー 

一番初めに「これがいい!これが欲しい!」と言っていたのがこのカトラリー。

それを聞いた私はというと

「おいおい、なんて堅実的なんだ、この娘は」でした。笑

私なら自由に使っていいって言われたら、真っ先におもちゃコーナー行くよ。笑 

 

できるんです  

なぁぁーーっつかしぃぃーーー!!!

やったやった!これやったよぉぉーーー!!!

 

 プラペンケース 

アリエルのプラペンケースが気になった模様。

Amazon価格が定価の倍になっているところを見ると、在庫限りの商品なのかな?? 

 

オーロラ姫のぬいぐるみ 

オーロラ姫だ!オーロラ姫ってだけでレアに感じる。

いっつも寝てるのか何なのかこういった類のアイテムには登場しないんですよね、オーロラ姫ヽ(´o`;

 

ミニタオル 

プリンセスのミニタオルにも惹かれていました。

ってかこれ、園のスモッグにちょうど良さそうだし、母的にも惹かれたぞ…!!

 

小休憩のつもりで訪れた本屋で運命の出会い

と、欲しいものが多くなってきまして、はてさて、どれを買おうかしら…という状況になってきたので、「とりあえず一旦考えてみようか」とその場を離れたところ本屋を発見。

本が大好きなしーちゃん、本屋に出会ったらそりゃ「行きたい」って言うさ。

 

ってことで本屋へ行ったところ…

大好きなおしりたんていの絵本を発見し熟読し始め...

「これ買う」

と即決。

  

 

何が何でも『おしりたんてい』にするんだって。

 

えっ!?

本当に!??

 

いやね、本は欲しがるものを買うスタンスでいるもので、このおしりたんていの絵本は次の楽天買いまわりで買おうと思っていたんですよ、ワタクシ。

買い物かごにも入れてたんです。

それが、えっ!??

お年玉で買うの!?えっ(;゚;Д;゚;)!??

 

いやでも、せっかく本人が「これに決めた」と言っているものに対して「ママ買うつもりだったからやめときな」と言うのもあれだし…

よし、買おう!!!

 

自分のお財布からお金を取り出し、ドキドキしつつも無事購入。

とっても嬉しそうでした(●´艸`)

 

そして…

f:id:ringo_co:20190107235444j:plain

ランチの待ち時間もずっと熟読。

デートのつもりが、母手持無沙汰だもん。笑

 

激甘だと思いつつも…

お年玉で本を買う。

最高の使い方だと思う。

けど、やっぱり元々私が買ってあげる予定のものだったわけだし、このまま終わるのもちょっと可哀想な気がしちゃって…

本と同じ金額くらいになるように、先ほどの気になっていたラインナップの中からチョイスしてプレゼントすることにしました。 

 

f:id:ringo_co:20190107234658j:plain

ママが買ってあげる、とは言わず本人に「まだお財布にお年玉あるからさっき悩んでたのも欲しいならまだ買えるよ」と伝え選んでもらいました。

うーんうーん、とめいっぱい悩んだ末、こちらの2点をチョイス。

 

そんな経緯の元選んだ『できるんです』は早くも元に戻せなくなり飽きつつあります。笑

もっとがんばれよっ!!!

筆箱はとっても気に入ったようで、ウキウキしながら使っています(●´ω`●)

 

ミニタオルは、おーくんの入園準備としても良さそうなので、次の買いまわりでしーちゃんのものとおーくんのもの2種類買ってみようかな…なんて密かに思っています。

今使ってるハンカチだとちょっとポケットに入れにくそうだったからねヽ(´o`;

しーちゃんにはまだ内緒。笑

(園のスモッグに入る大きさってのがポイント高し)
 

お金の教育について私も学んでみよう

私自身がかれこれ若かりし頃にお金には多々悩まされてきたので…(使い方が下手過ぎて)

子供にはきちんとした金銭感覚を身につけて欲しい、と切に願っています。

そんな思いの元、手にしたのがこちらの本。

 

 

実は2年前に買っていた本なのですが…サラッと読んで終わってたんです、サラッと。

本棚でしばし眠っていた本なのでありました。

言い訳するならば、買った直後に父が亡くなり読む気が失せてしまったのです('A`)

 

改めて見返してみたら…

おいおい、いい本持ってんじゃねーか!!!

びっくりしちゃったわよ。なんでちゃんと読んでなかったの。笑

 

ちょうどこれからの子供たちに向けて伝えていきたい内容だったので、改めてじっくり読んでみたいと思います。

尚「うちにはお金がないから」は言っちゃいけないワードとのことです!

やっべ、言ったことあるわ!!!(←ドンマイ)

 

今回のお年玉チャレンジ。

ひと悶着あってからのお買い物だったがゆえに、私にとっても色々とお金の教育について考えるよいきっかけとなりました。

子供がお金で辛い思いをしなくてすむよう、自立した大人になれるよう、私も今一度『お金』について学んでみたいと思います!!

 

そして。

お金には全然関係ないけれども…

今回電車に乗ってのお出かけだったのですが、5歳児とのデートがあまりに身軽過ぎて楽すぎてビビったわ。

子供と一緒にお出かけしてる感覚じゃなかったもの…

大きくなったね、しーちゃん(´;ω;`)♡♡

 

www.ringo-time.com

 

1年半前にも『意識的に持つべし』なんて書いてたのに、やっぱり中々そこまで時間を取る余裕は持てなくて。

でも、いかんいかん!

いつまでこんな『ママと二人でお出かけ』に喜んでくれるのかもわからないんだ。

娘と二人きりのデート、またしよう(●´ω`●)♡♡