りんごの時間。

AIHを経て6歳4歳の二児の母へ。二人育児の記録。

-生後490日目- 二人目の産院選び と、心拍確認



こんばんは、りんごです(・∀・)ゝ


振り向いたら、

娘が布団バサミで遊んでました。笑
何してんの。笑


-・-・-・-・-・-・-・-・-・


さてさて。

先日の記事でも書いていた通り、ここ最近どこの産院に通うのかでしばし悩んでおりました。

新居から徒歩で通える病院が、口コミ評価も高く地域で一番人気のあるところのようだったので、二人目を授かったらそこに通おうとマンションを契約する前から漠然と考えておりました。

ですが、実際に行って話を詳しく聞いてみたら二人目の出産と考えたときにわが家には合っていない気がして。

・陣痛時に上の子を連れてくるのはNG
・上の子と一緒に入院するのもNG
・面会は午後の決まった時間だけ
・計画分娩も行っていない


ようは、「自然なお産」にこだわる病院だったのです。

第一子の出産であったのならば、とてもいい病院だと思ったのですが、二人目となるとそんな融通の利かなさが気になり。

病院側からも「正産期に入ったあたりから親にこちらに来てもらえるという保証がないのであれば、里帰り出産をするか、もしくは別の病院で出産した方がいい」とお話がありました。


まず、里帰りについてですが、今回も全く視野に入れておりませんでした。

親が仕事をしていて日中不在なこと。
家のつくりが古くて使い勝手が悪いこと。
たばこの臭いが気になること。
自分の家の方が居心地がいいこと。
今回も夫の近くで産みたいと思ったこと。

などが、理由です。

18歳で実家を出てから早14年。
その間の帰省は長くて5日程度。一週間以上いたことなんてないかも…。

私にとって居心地のいい場所はもう実家じゃないんだな~と思うとちょっと寂しかったりもしますが、夫とちゃんと家庭を築いている証拠だとも思うとちょっと誇らしかったりもします。


そんなわけで、産院は新居から通える範囲で探していました。


上記の状況を踏まえて、検討に上がった産院が

・新居から車で30分(道路状況によってはもう少しかかる)
・計画分娩を行っている(無痛分娩もあり)
・陣痛時に上の子を一緒に連れてきてもOK(分娩時には付添が必要)
・上の子と一緒に入院することも可能

 

モロモロの条件はいいと思うものの、距離が気になりどうしようか悩んでおりました。
せっかく新居近くにいい病院があるのに、わざわざ遠い病院へ行くべきなのか…と。


助産師をしている友人へ電話をし、今の状況を説明。
距離が気になるけど実際どんなもんなのか、と相談してみたところ、

「私の病院に1時間以上離れた場所から通っている人もいるし、30分くらいならなんの問題もないと思う。健診に通うのは面倒だけど」
「私がりんごの立場なら、遠いけど選択肢の多い病院だね」
「私二人目産んだとき、出産初日から上の子べったり一緒に入院だったよ」

とのことでした。


その情報を踏まえ、土曜日にその検討していた病院へと行ってきました。

そこの病院の先生は「何がなんでも自然にこだわらなくてもいい」という考えでした。

人間は元々お産が苦手な動物。
医療で手助けしたり痛みを和らげることは何も悪いことじゃない。
特に上の子がいるなら、尚のこと。
計画分娩もむしろオススメしたいくらい。


実際に先生に会ってみての印象だったり、病院の雰囲気だったり。
こちらの病院の方が私は好きだな~と思いました。

しーちゃんを産んだ病院の雰囲気に似ているからかも(´⊆`*)

助産師のお友達も、先生との相性は大事だと言っていました。


「自然分娩」にこだわるべきか、それとも「計画分娩」で産まれる日にちを決めてしまうべきか。
しーちゃんと一緒に入院するのか、夫や親にお願いするのか。

正直、今すぐモロモロのことを決めてしまうのは難しいです。


夫のお母さんに8月中お手伝いに来ていただけるか打診してみたところ、出来る限り協力すると言ってもらえました。

夫自身も、しーちゃんのときと同様に育休を取りたいと考えているようです。

私の母は、9月のシルバーウィークに手伝いに来てくれると言ってくれました。


全てが本当に実現するという保証があるならば、新居から一番近くの病院でも良いとは思うのですが、どうなるのかなんてわからない。

実現しなった場合も想定しておかないと絶対パニックになる。

直前になってみないとどういう状況になるのかわからないし、私がどういう気持ちになっているのかもわからない。

であるならば、選択肢が多い病院を選んでおいた方が、もしもの場合の保険が増え、私の不安も減るのではないかと感じました。

上の子への負担が小さい病院選び、が二人目の出産にあたり何よりも重視すべき点なように感じました。

それが私にとって何よりの不安解消になりそうです。



そんなわけで、今回は、新居から車で30分ほど離れた産院でお願いすることにしました。

「おめでとうございます」と先生から言っていただけたのも実はこちらに決めた理由だったりします。

今は各家庭で色々な事情があることから産院で「おめでとう」とあまり言わないのだとか。
それでも、やっぱり「おめでとう」って言っていただけると嬉しいものです(●´ω`●)

そんなところも、この先生にお願いしたいな~と思ったポイントだったりします。
些細なことなんですけどね(;´∀`)

引越ししてから転院するのもありなのでしょうが、見ていただくなら初めから見ていただきたいし、今の家から通えないこともなかったので最初から新居近くの病院へ通うことにしました。

人気のある産院は分娩予約も早々に締め切ってしまうようですし、実際に病院の雰囲気を見て決めたいという思いもありました。

初期のうちはそんなに病院へ通うこともないので、どうにか引越しまでの通院を頑張りたいと思います(・∀・)ゝ

ただし、しーちゃんと二人で通うのにはもうこりごりなので、夫がいる土曜日限定で(;´∀`)


* * * * *


そして。
土曜日、心拍も確認してきましたヾ(´⊆`*)ノ

小さいながらに一生懸命動いていました♡♡

お腹からのエコーだったこともあり、夫もしーちゃんも一緒に見れたのがまた嬉しい(●´艸`)

しーちゃんは何が何だかわからなかったと思いますが。
あなたも2年前はこうだったのよ~。笑

「お姉ちゃんこっちおいで」と、先生がしーちゃんにエコー写真をピリッと切らせてくれました。

そのおかげなのか、しーちゃんはエコー写真を見ると「赤ちゃん」のベビーサインをするようになりました。

ちゃんとわかってくれているのがとっても嬉しい(●´艸`)


実際に動いている様子を見て、なんだか少し実感が湧いたような気がします。
つわりも軽めだし、全然実感が湧かなくてヽ(´o`;

ほんとにいるんだよね??と、日々不思議な気持ちで過ごしていました。

ホントにいたーーーーヾ(´⊆`*)ノ笑


とはいえ、今は機械の性能が良いため超初期から心拍が確認できるそうですが、まだ安心出来ない時期なことに変わりはありません。

お腹の子を信じて過ごすのみ。

次は2週間後!!
元気に育っていますように!!!