りんごの時間。

AIHを経て3歳1歳の二児の母へ。二人育児の記録。エキサイトから引っ越してきました。

【三人目どうする問題】 コメントの御礼 と、コメントを読んで感じたこと

スポンサーリンク


おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

先日、「三人目ちょっと考えちゃうな、でも無理だよな」という記事を投稿しました。

 

www.ringo-time.com

 

そうしましたところ、ブログご近所さんでも三人目の話題が出ているではありませんか!

梅つま子さんも!

umet.hatenadiary.jp

がっちゃんさんも!

www.gu-gu-life.com

sumicaさんも!

www.8-sumica-8.com

 

ブログ井戸端会議(●´艸`)

ホントにこうやって本音で話せる井戸端会議が実現したらいいのに~。

中々ね、実際にあって本音を語らうのも難しいじゃないですか。

リアルでは「三人目欲しい気がするけどどうしたもんかね」なんて話は、本当に気の許せる友達以外にはしていません。

 

せめて、ブログでは偽らずに「今の気持ち」を本音で書いていきたいな、と思っています。

腹割って話そう、ってやつね。

 

前回投稿した記事に寄せられたたくさんのコメントを読んで感じたことは、「子供をもう一人作るのか作らないのか」という件は、多くの人が密かに抱えている問題だということ。

話題には出さないけど、実は悩んでたりする。

もちろん、自分が望んだからと言って必ずしも希望通りにいくとは限らず、そこはもう神にお任せするしかないことではあるのですが、「神に頼むのか否か」という部分でまず悩むわけで。

 

いただいたコメントを読んで、私もまた色々と思うことがありました。 

まずは、コメントを読んで感じたことを書いていこうと思います!!

お一人お一人にお返事できなくてすみません(´;ω;`)

 

コメントを読んで感じたこと

 

■『今』欲しいかもって思ってる時点で、きっとおばあちゃんになっても欲しかったって思うと思う

ほんとだよねぇ…としみじみ思いました。

もし「二人のままで」という結論をしたとしても、一度「三人目のいる生活」を思い描いてしまった以上、これはきっと思うだろうな。

 

■自然に任せてひょっこり授かった結果、なんと双子でした(o_o)

「二人目を妊娠したら双子で今三人育児してます!」というコメントが数件ありました。

三人目のつもりだったけど、双子で今四人育児してます!

なんて状況になったら、まじカオス(;゚;Д;゚;)

でも、「絶対ない」とも言い切れないのが怖いところ…。

 

■3人目は無条件にかわいいです!
感覚的には孫に近いかも…。
このかわいさを味わえただけでも3人でよかった!と思ってしまいます。

味わってみてぇーーー(´;ω;`)♡♡

孫みたいにカワイイって…。どんだけよ。

いや、でもホント、無条件に可愛いんだろうなぁ、友達も三人目に溶けてるもん…。

 

■二人目を自分の思いだけで生んで結局子供に我慢させたり何かを諦めさせたりさせるくらいなら、私のこの思いは蓋をできます。
目の前にいる我が子が一番大切だもの。

これは私もすごく考えているところで、結局私には、まだ見ぬ三人目よりも目の前の二人の方が遥かに大事なわけで。

この子達がこれから先出来たであろう経験を、三人目を産むことによって我慢させないといけないかもしれない。
それによって、この子達の可能性を潰してしまう結果になってしまうかもしれない。

そう考えると、「それって私のワガママなのかな」なんて思う自分がいます。

 

■実は2人目は23週から切迫早産で入院し、結局34週6日で出産となってしまったんです。
妊娠期間が10ヶ月じゃなく10日くらいだったら3人目も欲しいなー!!

今までの妊娠期間がトラブルなく過ごせていたので、ついそう思ってしまいがちでしたが、次もそうとは限らないんですよね。

もし私が妊娠期間中、トラブルにより入院することになってしまったら…誰が家を切り盛りするんだろう…。

親に長期間来てもらうことは不可能だし、夫が仕事を長期間休むわけにもいかない。

 

■りんごさんはお子さんが健康に生まれてきてくれるかって不安に思ったことはありませんか?

上記の妊娠期間中の話と同様、しーちゃんもおーくんもありがたいことに健康に産まれてきてくれて、スクスクと成長してくれていて、ついそれが当たり前のように感じてしまっていたけど、三人目が健康に産まれてきてくれる保障なんて一つもなくて。

三人目がいる生活をイメージしているときの私は、しーちゃんおーくん同様元気な赤ちゃんを想像しているけど、そうじゃなかったら。

そうなったときの覚悟が私にはあるんだろうか。

 

■私が欲しい!って押し切れば折れる旦那ですので、旦那の意見とかその辺はあまり気にしないという…笑
りんごさんの旦那さんも「絶対2人!何言っちゃっているの!?りんご!!」ってイメージはないっす。笑

大抵のことは私の気持ちを尊重してくれる夫ですが、どうも今回ばかりは夫の気持ちは固いらしく。

「三人目気になってるんだけど」という話を振ると「ないよ」の一言で終わるんですよね('A`)

「子供に我慢させたくない・やりたいことはやらせてあげたい」というのが夫の中で大きなウエイトを締めているようです。

 

■りんごさんや旦那さんが人生で譲れないと思っていることはなんですか?

すごく難しい質問で、色々悩んだのですが、私は「たくさんの経験をしたい」かも。

「心身共にゆとりのある生活」も譲れない気がしました。←今出来てないけど

夫は恐らく上記に書いた「我慢させたくない・やりたいことはやらせてあげたい」というのがキーワードな気がします。

「子供の夢や可能性を尊重したい」というのが夫の思いかな。

 

■ 実は私も三人目、悩んでいたんです。  実際に産めなくなってしまった時、 後悔して泣いてしまいました。

かなり胸に刺さった言葉。

もし今私が「二人のままで」という結論をしたとして、その決断を40歳過ぎたときにも「後悔しない」と言い切れるのかしら。

頭で考えていることと心で考えていることが違うと、きっとこの後悔は産まれてしまう気がする。

 

■お金や体力、仕事のことを抜きにすれば産めるだけ産みたい!というのが素直な気持ちなのになぁ。母になると動物的本能と人間的理性の両面を感じちゃうのかなぁ。と最近思います。

ほんとコレ。

お金と多少の手助けが望めるなら、三人目産むよ。少子化に貢献するよ。
でもそう出来ないのよ。

いろいろ考えてしまうから。

本能のまま突き進めーー!!なんてこと、中々出来ない。

 

 

偉い人たちーー!!

二人目、三人目を希望しているママはたくさんいますよーー!!

でも、今の状態じゃ「子をもう一人」というのはハードル高すぎる。

保育所問題もそうだし、教育費問題とか、ワンオペ育児な現状とか。

そういうの、どうにかならんもんかしらね。

それが解消されれば少子化問題なんてすぐ解決できそうな気がしちゃう。

 

たくさんいるであろう元気なお年寄りに手伝ってもらえないもんかな、なんて最近すごく思う。

元気なおじいちゃんおばあちゃんが集まる何らかの施設(カフェとかでもいいかも)を作って、そこで数時間託児してもらうとかさ。

ファミサポみたいな感じで、ワンオペ育児になってしまうご家庭には元気なおじいちゃんおばあちゃんがめいっぱい手伝ってくれるとか。(例えば、上の子の習い事の間、下の子と一緒に遊んでくれるだけで私は嬉しい)

現実問題として、かなり難しいだろうけど。

ってか、元気なじーちゃんばーちゃんの定義って何よ。

求む!元気なじーちゃんばーちゃん!!
ジムで鍛えているそこのご老人!その体力子供に使ってみませんか??

みたいな感じ??なんじゃそりゃ。笑

でも、今の子供達が大人になったときに、あーだこーだ現状を悩むのではなく、もっと素直に自分の「子供が欲しい」という気持ちと向き合えるようになっていたらいいな、なんて思う今日この頃です。

 

ブログ井戸端会議で感じたこと 

 

上記で記事を言及させていただいたsumica (id:sumica_oxo)さんのブログの追記を読んで感じたこと。

私は、3歳差4歳差で出産している人を「ちょっと羨ましい」と思っていることに気づきました。

それはつまり、下の子の赤ちゃん時代をめいっぱい堪能できている、という部分。

多分これは3、4歳差育児のよいところしか見えていないからだと思うけど。

 

ここは先に明記しておきますが、おーくんの存在を否定しているわけでは全くありません。

二歳差育児のよいところは今もたくさん感じているし、これがわが家の在り方で、出産に関してもわが家のベストタイミングだったと思っています。

でも、でも、ちょっといいな、と思っちゃう。

おーくんの赤ちゃん時代が、あまりにも一瞬で過ぎ去ってしまったから。

もしそのときしーちゃんが3歳だったら、4歳だったら。

もっとゆとり持って、めいっぱいベビーおーくんと触れ合うことが出来たんじゃないかな、なんて思ったりしちゃう。

「三人目欲しい」という気持ちの根底には「おーくんの赤ちゃん期をやり直したい」みたいな気持ちも潜んでいるんじゃないかな、なんて思いました。

 

いやいや、でも自分を擁護するわけじゃないけど、1歳11ヶ月差でしっちゃかめっちゃかだった割にはあれこれ精力的に動いていた方、だとは思う。

そこはもう気合いで、二人乗りベビーカーに子供らを乗せて、あっちこっち出回っていました。

二人連れて電車に乗って出かけたり、ママ友とランチしてみたり、子供向けイベントに行ってみたり、やれるだけのことはやったよ、私。

二人乗りベビーカーで出かけたのも、またいい思い出なんですけどね(●´∀`●)

でも、もっとのんびりベビーおーくんと触れ合いたかったな、なんて。
ちょっと思ったりするわけですよ。

 

ママ友が今4歳差で三人目を妊娠中なんですが、マタニティスイミングに通っているそうです。

なるほど、4歳差だと上の子が入園してるからマタニティも満喫できちゃったりするのか!と。(順調であることが前提ですが)

それはなんとも魅力的!!!

 

いろいろ思うとキリがないんだけどね。

もしこうだったらこうなってたのかな、とか、もしあれをしてたらこうなってたのかな、とか。

後悔してるわけじゃないけど、色々妄想しちゃう。

 

まとめ

 

なんやかんや、色々思ったりするけど。

今私の後ろで「こちょこちょこちょ」と言いながら私にちょっかいかけてきている息子のことが愛おしくてたまりません。

今ぐっすり寝ている娘も、大好きでたまりません。

最近のおーくん、異様なまでに早起き。
あ、今パソコン入力の真似しだしてる。笑
早く書き終えなきゃ。

 

この子達の将来を大事にしたいな、というのが今の私の一番の気持ちです。

 

 

おっと、肝心の「三人目どうする」という本題に突入すらしていないのにすっかり長くなってしまった!!

この話題、次回も続きますー!!