読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごの時間。

AIHを経て3歳1歳の二児の母へ。二人育児の記録。エキサイトから引っ越してきました。

入園から2日目。しーちゃん食欲不振に陥る。

スポンサーリンク


おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ

 

ついに幼稚園生活がスタートしました。

来週いっぱいまでは午前保育ではありますが、一昨日から幼稚園バスに乗り込み通園しております。

初日から泣くことなく幼稚園バスに乗り込んだしーちゃん。
幼稚園が始まってから一度も泣いていません。

行きたくないと嫌がったりもしていないし、朝の準備にもとっても協力的。

一見すると、全く心配のないように見えます。


でも、食べない。

入園式以降、ご飯を食べなくなってしまいました。

朝ごはんに大好きなイチゴをだしても全く手を付けなかったし、夜ご飯のスパゲッティーも2本食べただけで「お腹いっぱい」と言って残すし、何より驚いたのがおやつのお菓子を「もうお腹いっぱい」と残したこと。

未だかつてお菓子を残すことなんて一度もなかったのに。

そして残ったお菓子をハイエナの視線で狙うおーくん。
あんたはちょっと残しなさい。

頑張ったご褒美のチョコも、飲み込めずに口から出してしまった。

え、チョコ大好きだよね?と戸惑う私。

 

しーちゃんは、泣いたり嫌がったりとわかりやすく態度に出したりはしないけど、間違いなく不安でいっぱいなんだと思う。

私に気を遣ってるのか、それとも元々内に秘めてしまう性格なのか。

態度に出してくれないだけに逆に心配になってしまう。


そんなしーちゃんの様子を見ていたら、今の幼稚園に通うお友達作りを熱心にしてこなかった私の責任なのかも、という気になり申し訳なくなってきてしまった。

様々な予定が重なってしまって、幼稚園の園開放の日には9月以降全然行けていなかった。
でも、本当はどの予定をキャンセルしてでも行った方が良かったのかも。

一日入園や新入園児対象の集まりにも、父の葬儀で実家に帰っていたから行けず仕舞い。

しーちゃんにしてみたら、突然知り合いのいない幼稚園に送り込まれた気分だと思う。


行きたくないとも嫌だとも言っていないけど、ただ一言「ひまわり組さん(プレで通っていた幼稚園の名称:仮)が良かった」とだけ言っているしーちゃん。

「ずーっとひまわり組さんがよかった」「どうしてひまわり組さん終わっちゃったの?」

私の都合で入れて私の都合で幼稚園を変える。
付き合わされるしーちゃんは大変だと思う。
ほんとごめん。

しーちゃんは、ひまわり組さんの方が友達もたくさんいるし、安心出来るんだよね。
気持ちはとってもわかる。

何を隠そう、母である私も不安でいっぱいだから。


新しい幼稚園。

顔見知りはたくさんできたけど、先述のように熱心に園開放に通ったり交流を深める努力をしていなかったツケがたまり、仲がいいと言えるまでの友達は未だ出来ておらず、入園式の時点で既にグループ化している様子に「あれ?出遅れた?」感が否めなかった。

同じマンション及びバス停に一人くらいは同じ年少さんの子がいるかと思っていたのに、意外にもしーちゃん一人だけだったことにも動揺を隠せない。

バス待ちの間、年長さん年中さんのママさんとの輪に入って良いのかどうか、躊躇ってしまう。

同じマンションの友達は全員悩んでいたもう一つの教育系の幼稚園に通っていて、つい「そっちにしていたら私にもしーちゃんにも知り合いがたくさんいたのか…」なんて考えてしまったり。

あんなに悩んで決めたんだからこの幼稚園で絶対間違いない、と思う一方、思わず不安な気持ちからそんな風に感じてしまったり。


母親でさえ、新しい環境にこんなに戸惑っているんだもん。

たった3歳のしーちゃんが、不安に感じないはずなんてない。

 

昨日の朝、バスに乗り込む際に先生に「入園式以降食欲が全くなくなってしまっていてちょっと心配なので、少し気にかけていただけると嬉しいです」と話してみたところ、その日の夕方担任の先生がわざわざ電話をかけてきてくださった。

『ずっと緊張している様子だったんですが、最後の方で男の子達がおいかけっこ始めたんですけど、そしたらしーちゃんもそのおいかけっこに加わって、そのとき初めて笑顔が見られたんです。あ、これでつかんだな、と私もホッとしました。まだ午前保育で活動内容も限られてしまいますが一日保育になったら色んな体験が出来るようになりますし、きっとしーちゃんも楽しんでくれると思いますよ^^』

と先生。

心底この先生にお願い出来て良かったと思いました。
そのお話聞いて、本当に安心した。

そして、その電話の直後に、しーちゃんからも

『今日はみんなで電車ごっこして遊んだんだよ。2階にも行ってねぇ、お兄さんお姉さんがトンネル作ってくれていたんだよ。先生は大きいからトンネルに入らなかったよ。電車が止まったり動いたりしたんだよ。』

と、何をして遊んだかのお話をしてきてくれました。

お兄さんお姉さんがトンネルを作って、のくだりで、園全体で歓迎してくれてるんだなと感じることが出来てほっこりしました。


まだ始まって数日。
これからこれから。

母子共に、焦らず慣れていこう(●´∀`●)

 

今からコメントのお返事を書こうと思ったらおーくんがもう起きてきたーー(;゚;Д;゚;)
すみません、お返事もう少々お待ちください!!