読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごの時間。

AIHを経て3歳1歳の二児の母へ。二人育児の記録。エキサイトから引っ越してきました。

絵本の記録。 №1

スポンサーリンク


おはようございます、りんごです(・∀・)ゝ


前回の投稿に「借りてきた絵本の記録を始めるぞー」と宣言しましたが、早速一発目やってみようと思います。

ちょっと緩めの投稿です(●´З`●)笑

 ↓前回の投稿

www.ringo-time.com 

 

今週借りてきた本  

 

だるまちゃん、逐一張り合ってんな~。
それを受け止めてくれるてんぐちゃんの心の広さよ。
だるまちゃん、いい友達もったね。
ってかお父さん、甘やかしすぎだろ。

なんていう、私の可愛げのない感想。笑

 

しーちゃんは、このクマくんシリーズがかなり好きなようで、前回紹介した「 ぼく、お月さまとはなしたよ 」に引き続きこちらも借りてみました。

クマくんがほんとに純粋でね。
溢れるお月さま愛。

今回の物語もほのぼのしました。
他にも何作かクマくんシリーズがあるようなのでまた借りてみたいと思います。 

 

年末年始に雪遊びをしたしーちゃんにピッタリな絵本。
「しーちゃんも遊んだー!」と絵を見ながら楽しそうにお話を聞いてくれました。

この絵本は、雪に触れたことのある子の方が食いつきが良いかもしれません^^
私も昔を思い出しなんとも懐かしい気持ちになりました。
 

 

絵本じゃないんですけども。
しーちゃんがどうしても借りたいと言うもんでヽ(´o`;

これの1巻目にあたる「人体」を借りてきました

彼女はどこを目指しているんだろう…。
なぜそんなにボーンに食いつく…。

多分、今回借りた本の中で一番食いついているのがコレです。 

 

恐竜図鑑も借りてきました。
食いつきに関してはそこそこで、「しーちゃん、やっぱり動物の方が好きだった」と言っていたので恐竜ブームは早くも終息かもしれません。笑

買う前に借りてきて良かった(;´∀`)

 

 

絵本を借りるときに参考にしているもの

 

 

絵本を借りるときに参考にしているものは、図書館に置いていた「読んであげてほしい 幼児絵本リスト 3~5歳」という一覧リスト。
これを家に持ち帰って、読んだことのある本にはマーカーで印を入れています。

絵本についてはかなりの無知人間なので、こういう名作一覧は非常にありがたい。

あとは、図書館に行って、表紙を見て直感で借りてきたり(ジャケ買いみたい)、しーちゃんが持ってきた絵本を借りてきたり。

色んなお話に触れたいと思っているので、特に深く考えず、いいなと思ったものは借りてきています。

 

たくさんの良い絵本と出会えますようにヽ(`∀´)ノ 

 

■サブブログ更新しました

ringo-study.hatenablog.com