読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんごの時間。

AIHを経て3歳1歳の二児の母へ。二人育児の記録。エキサイトから引っ越してきました。

プレ幼稚園が始まって2週間。しーちゃんの心境。

スポンサーリンク


こんばんは、りんごです(・∀・)ゝ


プレ幼稚園生活が始まって早2週間が経ちました。

今日はそんなプレについてのお話。

↓プレ幼稚園に関してはこちらの記事に詳しく書いています

www.ringo-time.com

 

親子分離のプレ幼稚園にも、私と一緒に行くプレ幼稚園にも、とても楽しそうに通っているしーちゃん。

親子分離のプレに関しては、泣くかな?という心配もなんのその、初日から満面の笑みで帰宅し、「楽しかったー!」と満足げに報告してくれました。

 

でも。

 

今日は夕飯前に珍しく昼寝をして。
そして目覚めるなり大号泣。

いつもの昼寝後の機嫌の悪さだと思っていたけど、どうも様子が違う。
何か必死に言おうとしている。

どうしたの?と声をかけても
「ママ、ママ、ママ」ってずーっと呼んでる。

「ママここにいるよ?どうしたの?」と聞くと、
「ママいなくて寂しい、ママ一緒がいい」と。

「幼稚園のこと?」と聞くと
「ママとおーくんと一緒にバスのって行きたい、一人は寂しい、みんな一緒がいい」と。

「みんな一緒がいいの?」と聞くと
「一人で行ったら寂しいけど、みんなで行ったら嬉しい」と。

「バスの幼稚園じゃない方が好き」と。


なんかもう、それ聞いてたら胸がギュッと締め付けられて…。

私、本当に情けない。
そんなに我慢していたことに全然気がつきませんでした。


しーちゃんは、親の私から見てもしっかりしている方だと思います。

今に至るまで、幼稚園に行く前に一度も泣いたりしていないし、「ママ、いってきまーす!バイバーイ!」と毎回手を降ってくれるし、バスを降りてくるときにはものすごい満面の笑みで、「幼稚園楽しかった?」と聞くと「楽しかったー!●●ちゃんとおままごとしたー!」と嬉しそうに報告してくれて。

幼稚園楽しんでるのかな~なんて、しーちゃんの様子を見てすっかり安心しきっていました。

でも本当は、すごく心細かったみたい。
私を心配させまいと、必死に我慢していたんだね(´;ω;`)

そんなことにも気づけない自分がホントに悲しい。

慣れない場所に、親と離れていくんだもん。
心細くないわけがなかったのに。

お友達と一緒だから、とか、笑顔で帰ってきてるから、とか。
大丈夫な理由ばかり探して、しーちゃんの本心に気づいてあげられなかった。

しーちゃん、こんなお母ちゃんでごめん…。
本当に情けない…。

しーちゃんが落ち着くまでギュッとして、甘えたがっていたので今日は久しぶりに私のお膝の上で晩ご飯。

たくさん甘えてちょっと落ち着いたみたい。

そして、改めて「幼稚園は楽しくない?」と聞いてみたら「楽しい」としーちゃん。

多分…、先生もいるしお友達もいるし、その場にいけば楽しいは楽しいけど、やっぱり私や夫が近くにいないという状況は心細くて寂しいということなんだろうな、と思いました。


今の私にしてあげられることはなんだろう。

離れていてもしーちゃんのこといつも思ってるよ、と伝えることだろうか。
幼稚園はすごく楽しいところだよ、と伝えることだろうか。
それとも、幼稚園から帰ってきたしーちゃんとの時間をもっと濃いものにすることだろうか。

多分この2週間、そのどれもちゃんと出来ていなかったんだろうな、私。

しーちゃんが不安な気持ちを溜め込んでいたとも知らず、娘にすっかり甘えてしまってたよ…。
まだ2歳なのに('A`)


来週以降もプレ生活は続くけど、しーちゃんがこれ以上心細い思いをしなくてすむよう、もっとしーちゃんとの時間を大切に過ごそうと思いました。

しっかりしてると言ったって、まだ2歳。
つい「お姉ちゃん」として接してしまうことがあるけど、まだ2歳。

そのことを忘れちゃいけない。


罪滅ぼし…になるのかわからないけど、今日はおーくんを先に寝かしつけて、その後しーちゃんとみっちりおままごととレゴをして遊びました(●´ω`●)
寝たの10時半だしヽ(´o`;

一日でも早く、心細さを感じずに登園できる日が来るよう、しーちゃんの様子に注意しながら今の私に出来ることを最大限してあげたいと思っています。

f:id:ringo_co:20160521000727j:plain

しーちゃんのプレ幼稚園生活が笑顔でいっぱいになりますように!!