りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

熱が下がった! と、手作りお雛様

【スポンサーリンク】


こんばんは、りんごです(・∀・)ゝ

 

昨晩も高熱で幻覚を見たのか

「キャーーー!!!」と突然悲鳴をあげたり、「怖い!!」と泣きだしたり。
「てって長い!!」と泣きながら手をはらったり。(←これ意味がわからず私が怖かった)

熱によるものだろう…とは思いつつ、少し不安で…。

 

夫が午前休を取れそうだったので、熱も下がらなかったことも踏まえ改めてかかりつけの病院で診てもらいました。

「喉も腫れていないし、喉に膿のようなものもないし、恐らくもうすぐ熱は引くと思うよ。

幻覚も、脳症ではなく熱せん妄の症状、簡単にいうと熱にうなされてただけだから、そこは安心してね」と先生。

解熱剤も前回の診察の際粉末のものをいただいていたのですが、粉末のものだと夜中にうなされたときにあげるのが困難だったので、万が一用(寝付けないほどの高熱用)として座薬も処方していただきました。

 

日中は昨日ほどではないにしろ38度前後をウロウロ。
機嫌も最高に悪い。
地雷だらけで、お母ちゃん何してもドカーンと爆発。

「アイス食べる?」「食べりゅ」「はいどうぞ」「冷たいーーーーー!!!(大号泣)」

えーーーーーー('A`)そんなぁ…。

そんなこんなで中々熱が下がらずだったのですが、お昼寝後…熱が下がってきたーーーヽ(`∀´)ノ

朝から水分も食べ物もほとんど摂っていなかったしーちゃんですが、夕ご飯には麺と納豆を食べてくれ、お茶も自ら飲んでくれて、ほんと一安心。
快復してきた証拠かな(●´З`●)

このまま快復してくれることを切に願います。

 

今日は幼稚園で行われている幼児教室の日だったのですが、こんな状況だったためお休みしました。

おーくんを預かってくれたママさんも一緒に通っている教室で、今日、幼児教室でやった教材をわざわざ自宅に持ってきてくれました。

ありがてぇ、ほんとありがてぇ(´;ω;`)

 

せっかくなので、お昼寝後のしーちゃんと一緒に工作してみましたヾ(´⊆`*)ノ 

f:id:ringo_co:20160516001057j:plain

お顔、上手に書けたねぇ(●´艸`)♡


せっかく作ったのに今日しか飾れないのが切ないけど…。

すぐ捨てちゃうのも悲しいし、ひととえのお雛様と一緒にしまっておくことにしました。
そしたら、来年、娘の成長をより一層感じることが出来そう。

 

ひととえのお雛様とも今日でお別れ。

また来年よろしくお願いします(●´З`●)

 

 

 * * *

昨日の記事にたくさんのコメントありがとうございました☆

ご指摘いただいた件、他にも同じように感じられた方もいらっしゃるかもしれないと思い、先にここで触れさせていただきます。

 

『インフルエンザかもしれなかったのに、おーくんを子供がいるご家庭に預けるのはどうなのか』という件についてなのですが、ほんと、返す言葉もございません(´;ω;`)

本当に配慮不足だったと反省しています。

おーくんがいくら元気いっぱいでも、おーくん経由で感染させてしまう可能性は充分あったんですよね。

グッタリしてるしーちゃんと赤ちゃんをどうやって病院に連れていったらよいのか途方に暮れてしまい、ついつい「いつでも頼って」なんて言ってくれていた言葉に甘えてしまいました。
(初回に行った際は、夫が病院の診察時間内に帰ってきてくれたので、一人で連れて行ってはいなかったのです)

ほんと、配慮不足でした。

この件に関して、預かってくれたママさんには改めてお礼と謝罪をしました。

「上の子が幼稚園からもらってくることだってあるし、それにおーくん元気いっぱいだったから移るかもなんて考えもしなかったよ」
とは言ってくださったものの、ホント申し訳ない気持ちでいっぱいです…。

 

今回はたまたまインフルエンザではなかったから良かったものの…、今後はこういうことのないよう充分気を付けたいと思います。
と同時に、今後しーちゃん、もしくはおーくんが病気になることは度々あるだろうし、そのたびにアタフタしてもいられないので、今後こういうことが起きたときにはどう対応するのかを自分の中でルール付しておこうと改めて思いました。

身内が近くにいない分、夫に頼らざるを得ない部分もあると思うので、夫婦で話し合おうと思います。

 

ご指摘いただきありがとうございました。

不快な思いさせてすみません(´;ω;`)