りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

インフルエンザ疑惑、その後

【スポンサーリンク】


こんばんは、りんごです(・∀・)ゝ

 

昨日、高熱を出したしーちゃん。
朝になってもお熱は下がらず、引き続きグッタリモード。

「インフルエンザ確定かな…('A`)」
と、再検査のため改めて病院へ行くことに。

 

そこで問題なのがおーくん。

出来ればウイルスだらけの病院には連れていきたくない。
それに、二人も抱っこしないといけない子がいる状況は、正直きつすぎる。

どうしよう…と悩んだ末、思い切って同じマンションのママさんに「おーくんを見ていてもらえないか」とLINEしてみることに。

突然こんなLINEしたら迷惑だよな。
厚かましすぎるよな。

と、お返事が来るまでドキドキしっぱなしだったのですが、お返事は「大丈夫だよ!そういうときはお互い様だよ!」と。

ありがたすぎる(´;ω;`)

 

病院に連れて行っている間、快くおーくんの子守を引き受けてくださいました。
しーちゃんと同い年の娘ちゃんがいるのですが、娘ちゃんもたくさんおーくんと遊んでくれていたそうで、本当に助かりました。

ありがとう、本当にありがとう。

 

さて。

肝心のしーちゃん。

今日はかかりつけの病院が休診日ということもあって、別の病院へ行ってきました。
受付で「インフルエンザかも」と伝えたところ、感染症疑いのある人専用の部屋へ通され…。

うわーーー(;゚;Д;゚;)
インフルエンザの人だらけだーー!!

ってか、しまったー!
マスク忘れたーーー(;゚;Д;゚;)!!

 

丸腰で戦地に赴いてしまった愚かな自分を後悔。

病院でお熱を測ると…39.4℃。
ほんとに辛そう…。

インフルエンザの検査をして(これ見てるだけで痛い…)、待つこと数分。

「インフルエンザ、陰性だね~」

 

えっ!???
違うの???
じゃぁ、何なの(゚Д゚;)????

 

喉もそこまで腫れてないし、耳も大丈夫だし、お腹も多少ガスが溜まってるくらいで問題ないし…。
風邪かなぁ…?とのことでした。

うーん、なんともハッキリしないっ!

けど、インフルエンザじゃなくて良かった(´;ω;`)

 

おーくんに移ったらどうしよう(もちろん私にも)と思っていたので、そこの心配がなくなっただけ安心しました。

…まぁ、この風邪が移る可能性は充分にあるのですが('A`)

 

その後、家で療養していると。

「たまたま近くに来てたから、差し入れ持っていくよ!」とママ友からのLINE。
お昼用のお弁当や、しーちゃんが食べれそうなものなど、色々と買ってきてくれました。

あったけ~、人の優しさがあったけぇ~(´;ω;`)
今日はほんと、色んな人に支えられた一日でした。

 

頼れる親や親戚が近くにいないと、こういうイレギュラーなことが起きたときに本当にパニックになってしまうけど…
手を差し伸べてくれる人はたくさんいるんですね(´;ω;`)

していただくだけじゃなく、私も手を差し伸べられる人でいよう、と心に誓いました。
そういうお互い助け合える様な関係を、この土地で築いていけたらいいな(●´∀`●)

 

今もまだお熱があるけど、どうにか夕ご飯には小さなおにぎり一つ食べていたし(日中は全然食欲がなかった)、少しずつ回復傾向にあるのかな?というところです。
水分補給はしっかりと、明日も引き続きゆっくり過ごそうと思います。

f:id:ringo_co:20160516001220j:plain

リビングにお布団並べて療養中。
あ、おーくんは至って元気です。

ちなみにコレ、しまじろうのDVD見ているところ。

DVDに助けられています。

しーちゃん、早くよくなってね(●´∀`●)

   

それと。

昨晩の「天井を指さし怖がる」事件について。
コメントでいただいて知ったのですが、高熱でも幻覚が見えることがあるそうなのです。

 

【参考になった記事】

インフルエンザ脳症は乳児に多い?初期症状は?熱せん妄との見分け方
↑高熱で幻覚が見える症状を「熱せん妄」と呼ぶそうです。インフルエンザ脳症と症状が似ているとのこと。
 

子供の幻覚「虫が見える」と震え&高熱。原因と対処法は?
↑とても参考になりました。

高熱時にも異常行動に要注意ですね…。

熱せん妄はインフルエンザ脳症の初期症状とも良く似ているそうなので、今後も高熱が出たときには注意していこうと思います。

こういうことがあるんだ、と今回のことを経て知りました。
知っているのと知らないのとでは、いざというときの行動が変わってきてしまいますよね。

昨日は「何!?何見えてるの??霊??怖い!!!」なんて、一緒になって怖がってしまった私。

だめですね('A`)
もしかしたら、インフルエンザ脳症の初期症状だったかもしれないのに。

もしそうだったら、大事になっていたかもしれません。

看病する立場として、もっと知識を増やしていかねば…と切に思いました。

コメント、本当にありがとうございました!!!