りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

子連れ帰省のまとめ【飛行機での様子・過ごし方】

【スポンサーリンク】


こんばんは、りんごです(・∀・)ゝ


わが家は夫も私も実家が遠く、帰省では飛行機を使うことが多いです。
今回の年末年始の帰省も飛行機でした。

これまでにも何度か機内での過ごし方や子供の様子などをご質問いただくことが多かったので、年齢別にまとめてみました(●´∀`●)


《0歳》

とりあえず乳があればなんとかなる!

赤子連れで初めて搭乗したときはドキドキもんでしたが、今思えば、動き回るわけではないこの時期の移動はむしろ楽だったな~と思います。

助産師の友人より、耳抜きをさせるために離陸着陸時に授乳をした方がよいとのアドバイスがありました。
そんなわけで、授乳ケープは必須アイテムです。

そして、そのまま寝る確率がかなり高いです。
飛行機のゴーッという音が眠気を誘うのかしら。

今回の帰省でも、おーくん帰りの飛行機では爆睡でした。

オムツ替えも機内のトイレで可能です。
ただし、かなり狭いので、緊急時(う〇ちとか)以外は替えない方向で考えた方が楽かと思います。
搭乗前におむつ替えておけば安心かと(●´З`●)


《1歳》

好奇心旺盛で、動きたくて歩きたくて仕方がない時期。
大人しく座っていてくれず、機内をお散歩させたりしました。

客室乗務員の方に聞いてみたところ、ファーストクラス内への立ち入りはダメだけどそれ以外だったら歩いて大丈夫、とのことでした。

歩きたい歩きたいと騒ぐから機内を歩かせ、終始元気いっぱいだったのに着陸数分前にお昼寝しちゃって。
しーちゃん抱っこして、荷物持って、手荷物受取所まで行くのはかなりしんどかった。

まだお昼寝が必要な時期だったので、その辺りを考えないといけないのも大変でした。

この時期連れて帰るのが一番面倒だったかも。


《2歳》

今回。
ちゃーんとお膝の上で座っていてくれました。

自分が何のために飛行機に乗っているのかもちゃんと理解しているし、それどころか、早くリンゴジュースが飲みたいと、そんな要求までしてくる始末。
0歳から飛行機に乗ってると違うねぇ~。
お母ちゃんは、飛行機デビューなんて高校生のときだったよヽ(´o`;

尚、サービスしてくれる飲み物には、蓋とストローを付けてもらうとこぼす心配がないので安心です。

子供にプレゼントしてくれるおもちゃで遊んだり、ジュース飲んだり、シールブックで遊んだりしている間に到着しましたヾ(´⊆`*)ノ

シールブックはこちら。
この2冊をダイソーで買って機内に持ち込みました。
これは遠出の際の暇つぶし道具として、わが家では必須アイテムです。

しーちゃんの作品。
中々味があって良いと思います。

今回、搭乗中耳を触って違和感を訴える場面があったのですが、お茶を飲ませたりジュースを飲ませたりで耳抜きをさせ対応しました。
耳抜きの仕方を「唾をのみ込むの」と伝えてもうまく出来ないうちは、機内に子供用の飲み物があると安心かと思います。

お昼寝の心配もしなくていいし(しーちゃんの場合はですが)、だいぶ楽になったな~と感じました。


* * *


今回予約した飛行機は小さめの機体で、普通席は3列+3列という座席形態だったのですが、一番後方の席のみ2席になっておりまして。

チケットを予約した際の座席指定で、その2列の席は幼児二人連れの人のみが予約できる席だったようなので、そちらを予約しました。

これが大正解。

景色も見せてあげられるし、隣の人に気を使ったりもしなくていいし、トイレにも行きやすい。
今後もそういう席があるようなら指定したいと思いました。


窓側か通路側か、どちらかを選ぶとしたら私のオススメは通路側です。

窓からの景色も見せてあげたいけど…、それよりも通路への出やすさを優先した方がいざというときに行動しやすいと思います。
ぐずってどうしようもないときに立ってあやしたり、機内をちょっと歩かせたり、う〇ち漏らしたときにトイレにかけこめたり。

一人で連れて帰らないといけないときだと特に、さっと通路に出やすいというのはかなりの安心材料になると思います。

ただ…、授乳が必要な場合だと、窓側の方がひっそりとあげやすいとは思いますヽ(´o`;


一人でしーちゃんと搭乗した際にはクラスJ席(+1000円でちょっと広めの席になる)を利用したこともありましたが、多少席の余裕も生まれるし、客室乗務員の方から気にかけてもらえやすいので、不安に感じる方はそういう席を予約するのも手だと思います。

ただ、パパも一緒ならば、全然普通の席で問題ないと思います。
人手があるって、何よりも心強い。


夫の実家はともかく、私の実家は新幹線でも帰省出来る距離ではあるのですが、私は断然新幹線よりも飛行機の方が楽に感じています。

3時間半変わり映えしない時間を過ごす苦痛たるや。
暇すぎる…。

私ですらこんな持て余してんだもん、そりゃ子供もぐずるわ。

飛行機の場合は、空港へ移動する時間+空港で待つ時間+飛行機に乗っている時間と細切れになっている分、同じ時間かかったとしてもそれほど飽きることもなく。
過去を振り返ってみても、さほどぐずったりせず移動出来ています。

飛行機だと客室乗務員からのサポートもあるし、搭乗するまでのサポートもかなり手厚く、子連れでも安心していれます。
荷物を預けてしまえば、割と身軽に動けるし(●´З`●)

それに、新幹線代よりも飛行機の方が安かったりもしますしね(●´∀`●)
今回の帰省は、スーパーウルトラ先得(だっけ?)で予約したので、飛行機の方が安かったです★
コツコツとカード払いで貯めているマイルもあるし、わが家的には飛行機の方が家計に優しいのです(●´艸`)

そんなこんなで、わが家は恐らく今後も飛行機メインで帰省することになると思います。

いずれは一人で子供二人連れての帰省もしないといけなくなると思うのですが…いやー、どうなるんだろ。笑

無事デビューを果たした際には、また記事に出来たらと思っています。


子供が産まれる前はでっかいどーへの帰省はLCCをメインで利用していたのですが、子供が小さいうちは色々とサポートしてもらえることをありがたく感じているので、JALメインにしています。

子供が一人で座るようになったら、またLCCを利用したいな~なんて思っています☆


これまでの記録として記事にまとめてみました(・∀・)ゝ

これから飛行機を利用しようとしている方のご参考になれば嬉しいです♡♡