りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

-生後282日目- 布おむつを使ってみた正直な感想。

【スポンサーリンク】


こんばんは、りんごです(・∀・)ゝ 

 

寝つきをよくしよう大作戦!として、今日午前中に子育て支援施設、午後は友達の家で思い切り遊ばせまくった結果、お風呂でスイマーバつけながら寝ました。笑

 

うそーーーんヽ(´o`;

 

もちろんそのまま寝かしておくわけにもいきませんのでお風呂からあがったわけですが、「あたち眠いのーーー!!!」と大絶叫でアピール。

うん、アピールしなくても眠いの知ってる知ってる('A`)

暴れる娘のお着替えをなんとか済ませ、ベッドで乳を飲ませたら……寝た―――!

なんと本日20時前に就寝です。

 

そっかー、やっぱり今まで寝つきが悪かったのは体力が余りまくっていたからなのね(;´∀`)

娘を疲れさせねば…。その前に私がぐったりしそうだけど…。

  

さてさて。

 

何度かコメントでもご質問をいただいておりましたので、布おむつの現状について書いてみようかと思います。

 

↓これまでの布おむつ関連の記事 

www.ringo-time.com

www.ringo-time.com

  

先に結論から申し上げます。

現在ほぼ9割方、紙おむつへ移行してしまいました(;´∀`)

 

どうして布おむつを使わなくなったのか。

たまに布おむつを使っているときというのはどんなタイミングなのか。

その辺りについて触れたいと思っています。

 

布おむつについての使い心地などを知りたい方にはあまり向いていない記事だと思いますヽ(´o`;

何卒ご了承ください。

 

では早速。

 

 

使わなくなった理由

■月齢があがり、セパレートの服を着るようになった 

布おむつは、紙と違っておしっこをしたら毎回交換となります。

しかも、外から見ただけではおしっこをしたのかどうかがわかりません。

あれ?ぐずってる。もしやおむつ交換?と思っても、開けてみないとわかりません。

お股部分にポチポチのついていた服を着ていたときは、隙間から布おむつを触ってみて濡れているかどうかの確認を開けずともすることがまだ出来たのですが、セパレートの服を着るようになってからはそうもいかず。

都度ズボンを脱がし、チェックする行為がわずらわしく感じてしまって('A`)

しかも、まだ濡れていなかったときのガッカリ感たるや。

また、しーちゃんは割と尻がでかめなのですが(私に似たのね、ドンマイ!!)、布おむつをつけた状態でレギンスなどを履かせるのがサイズ的に厳しいという問題点もありました。

  

■寝返りをするようになり交換が大変になった 

紙おむつ(テープ)の場合は、交換する際にお尻の下に敷くことが出来、またその紙おむつのみで済むため、寝返りしそうになってもどうにかスピードをあげて交換することが出来るのですが、私の手順がイマイチなのか布おむつだともたついてしまって。

カバーは残し布おむつのみを変えようとすると時間がかかってしまい、その間にコロンとしているし、カバーと布おむつをセットしておいて紙おむつと同様に下に敷いてやろうとすると洗濯物が増えるし。(何よりカバーがそんなに枚数ないし)

  

■うんちの処理をするのが面倒になった

 

元も子もない意見ですが、ズバリこれです。笑

おしっこだけなら何も面倒ではないのですが、うんちの処理が段々億劫になってしまってヽ(´o`;

新生児の頃と違ってなんかうんちが頑固!!

もう少し離乳食が進めばコロコロになるらしいので、そうなったらまた変わってくるのかもしれませんが、ネトーッとしててとにかく取りにくいです。

紙おむつなら丸めてポイッなのにーー!と思ったら、うんちをする可能性のあるときには使いたくなくなってしまって('A`)

  

■外出が増えた 

意図してそうしている部分はあるのですが、外出することが増えました。

毎日外出している週もあったりするのですが、出先では紙おむつにすると前々から決めていたこともあり、そうなると布おむつを使うタイミングがあまり無くて(;´∀`)

  

■暑そう 

これはこれからの季節に該当するのですが、布おむつはちょっと蒸れそうで…(;´∀`)

ただでさえ背中に汗疹も出来てしまっているので、さらにお尻まで厚い布で覆ってしまうのはどうなんだろう?と感じてしまいました。

紙おむつの方が通気性が良いので、夏は紙の方が良い気がします。

  

たまに使っているのはどんなとき?

 

・うんちをする気配がなさそうなとき

・今変えるのは勿体ない、と思ったとき

 

そんなときに布おむつが登場しています。 

具体例をあげますと、「おむつを変えてあげたいけど、もうすぐお風呂だからなんか勿体ないな~」というときなどです。 

 

 

良かったと思っている点

おむつカバーが可愛い、という理由だけで始めてしまった布おむつ。

可愛いという動機だけでは残念ながら長く続きませんでした(;´∀`)  

とはいえ、布おむつを始めたこと自体に対しては後悔していません。

よかったと思える点も多々あります。 

 

■新生児の頃、母乳が足りているのかな?という心配を払拭することが出来た

 おしっこがこんなに出ているんだから足りてる!大丈夫!!

と、毎日洗う布おむつを見て実感していました。

母乳が足りているのかどうか。そんなことを心配していた時期が早くも懐かしい…。

 

■新生児の頃、紙おむつを買いに行く手間が省けた 

あんなに頻繁に交換していた布おむつ。紙おむつだったらどんだけ消費していたんでしょう(;゚;Д;゚;)

里帰りなしでの出産でしたし、都度補充をしなくて済んだのは良かった点だと思っています。

まぁ、その分洗濯する手間はあるんですが、新生児の頃の布おむつの量はかなり多かったので、逆に洗濯するのは苦には感じていませんでした。

ボリュームがある方が洗濯が回しやすくて。

外出するようになり、日に数枚しか布おむつを使わなくなってしまってからの方が洗濯が面倒に感じてしまっていました。

布おむつは洗剤の関係上分けて洗わないといけなかったので(;´∀`)

 

新生児の紙おむつを一枚14円と計算すると、布おむつ代に関しては決して損はしていないと思います。

もっとどっぷりと使い続けていれば「得」になったのでしょうが…、損してないからまぁいっか(●´∀`●) 

 

■おむつアートが可愛くなった 

正規の利用方法とは全く異なりますが、紙おむつで作るよりも可愛いおむつアートが撮れています。

なんか今となっては布おむつがただの小道具化してしまっていますが、こんな写真を撮ることが出来たのも布おむつを始めたからなんだよな~と思うと、始めなきゃ良かったとは思えない私がいます。 

 

■おむつカバーを付けている姿はやっぱり可愛かった 

おむつカバーの可愛さに惹かれて購入してしまった布おむつ。

妊娠中にわが子が付けている姿をずっと妄想してきましたが、それが現実になった嬉しさは格別でした。

うーん、やっぱり可愛いーーー(●´艸`)♡♡

と、ひたすらニヤニヤ。 

 

■経験値があがった 

ドラクエかっ!と突っ込みが入りそうですが(笑)、何事も体験してみないとわからないですよね。

布おむつってやっぱり大変だった、というのを知れたのもまた経験したからこそです。

色々やってみたい!経験してみたい!と思ってしまうやりたがりな私にとって、この経験は無駄ではなかったと思います。

こうして様々なことを経て、育児経験値が上がっていくんだろうな~と感じています(●´ω`●)

  

だいぶ紙に移行はしておりますが、これからも細々と、本当に細々とですが使っていくつもりではあります。

おむつカバーがサイズアウトしてしまいそうなのが気になるところではありますが(;´∀`) 

 

色々と好き勝手書いてしまいましたが、あくまで私個人の感想です。

今現在布おむつを使っている方を否定しているわけではありませんので、何卒ご了承くださいm(__)m 

 

 ↓その後ゆる~く再開しました! 

www.ringo-time.com