りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

-生後241日目- 帰省のおもひで(後編)

【スポンサーリンク】


こんにちは、りんごです(・∀・)ゝ 

 

帰省のおもひで話(後編)です。

お次は私の実家編。 

 

こちらは写真多めでだだだーーーーっと振り返っていきたいと思います(●´ω`●)

 ↓前編はこちら

www.ringo-time.com

 

* * * * * 

 

二度目の飛行機。(デッカイドー ⇒ りんご県)

耳抜きのため離陸のタイミングで授乳をしたところ爆睡。

着陸しても、荷物を取るため席に置いても、寝たままっていうね。笑

飛行機のゴーーーッという音が眠気を誘うのかしら。

おかげで、移動が超楽ちんでした。

  

* * * * *

  

さぁ、おじいちゃんに遊んでいるところを見せなさい。

 

我が孫ながらあっぱれ。

 

なお、父の語り口調(りんご県弁)をそのまま載せると誰も解読できなくなってしまうので、標準語に訳して載せております。 

 

高いたか……高すぎるわっ(;゚;Д;゚;)!!

(父の身長184cm)

  

じいちゃん、どーこだ。

 

いた~(●´∀`●) 

 

孫よ。特別にこれをやろう。

 

何これー。

 

そして乾杯。

※もちろん蓋は開いてません

  

なんていうじいちゃんとの戯れがあったり。 

 

* * * * * 

 

天国のひいばあちゃん。

おこんにちはーー。 

 

あははー、はまっちゃったーー。

 

帰省中に後方へのズリバイを会得し、気づけばこんな場所まで移動してました。

前進するようになるのも近いかな(●´З`●) 

 

* * * * * 

 

母・妹とお花見へ。

 

ちょっとそのイチゴ飴、あたちによこしなさい。 

 

* * * * *

 

ひいじいちゃん、ひいばあちゃんと★

おじちゃん(志村けん似)とおばちゃんにも抱っこしてもらってきました。 

 

* * * * *

  

そんな楽しい時間はあっという間に過ぎるもので…。

 

帰りは新幹線。

 

中々な乗り心地ね。 

 

乗車していると、「しーちゃんですか?」と。

なんと、いつもブログにコメントをくださっている方が声をかけてきてくださったのです。

こんな偶然があるなんて!!

 

同郷ということは知っていたのですが、まさか同じ日に同じ新幹線に乗るなんて。

もっと長くお話したかったのですが…、混んでる車内が恨めしい。

とくだねさん、お会い出来て本当に嬉しかったです(●´З`●)♡ 

 

 

新幹線には「多目的室」なるものがありまして。

ちなみに、東北新幹線の「はやぶさ」ですと、5号車と6号車の間にあります。

 

自由に使えるのかと思いきや、鍵がかかっているではありませんか。

通りがかった車掌さんに聞いてみたところ、使用時には申し出が必要とのこと。

※じゃないと中で酒を飲む不届きものが現れるのだそうな。 

 

中はこんな感じ。

 

しーちゃんとの二人旅。

車内は混んでいるし、知らない方が隣に座っている状態での授乳は中々困難ですが、多目的室を使わせていただいたおかげで人目を気にすることなく授乳することが出来ました(●´∀`●)★

 

* * * * *

  

父も母も、キャラ変わった?というくらい、孫にメロメロでございました。

孫への愛情、私にもちゃんと伝わりました。

しーちゃんにもバッチリ伝わっているはず。

 

出発前に一人モヤモヤしていたことも、実際に両親に会ったことで消化されたような気がします。

もっと一緒に成長を見守ってほしい、ということを伝えましたところ、帰省以来送った写メにはお返事が来るようになりました(●´∀`●)ウレシイナー

 

私も求めるばかりではなく、両親に成長を感じてもらえるようまめに連絡を取るようにしたいと思います。

 

* * * * *

 

こんなに長く家をあけたのは結婚以来初めてでしたが、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

尚、夫はというと、もう本当に偉すぎるんですが、掃除洗濯もして、しかも鶏と大根の煮物まで作っていてくれました。

 

スンバラシイッ!!! ヽ(`∀´)ノパチパチパチ

 

これからも安心して家をあけれそうです。

よし、今後は旅費節約のため一人で実家に帰省しよう。(←と、調子にのる私)

 

夫よ、本当にありがとう。