りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

-生後95日目- ダブルじいじからクリスマスの贈り物

【スポンサーリンク】


こんばんは、りんごです(●´ω`●) 

 

しーちゃん、ここまで首がついてくるようになりました。

首すわりとは、どの程度になったら完全体なのでしょう。

今はどのくらいなのかしら。

あともう少しってところかな(●´艸`)

お母ちゃんは、早くしーちゃんを小脇に抱えたいぞー。

 

 

で、この写真にひっそりと写っているくまさん。

お義父さんが、どーーーしてもしーちゃんにクリスマスプレゼントを贈りたいとのことで、送ってきてくれました。

歌うくまさんです。

 

この歌うくまさん。

まさかの英語っ!!!

辛うじて、「クリスマス」 と言っていることだけは聞き取れたのですが…、全く意味がわからん('A`)

しーちゃんが大きくなって、「ママ―、くまさん何て言ってるのー?」 なんて聞かれた日にゃ、どう答えてよいのやら。

「パパに聞きなさい」 で逃げるしかないっすわ。

 

動画を撮ってお義父さんのタブレットに送ったところ、ものすごく喜んでくれまして。

繰り返し見ては「しーちゃんが初めて歌うお歌が英語だったりしてぇ~」 なんて妄想してはじいじばあば二人でキャッキャしているようです(●´艸`)

 

じいじばあばのアイドル、しーちゃん。

そんなアイドルの様子を毎日のように写真・動画で送っています。

私が小さい頃はこんな頻繁に孫の様子を見ることも出来なかったでしょうが、今はこまめに様子を見ることが出来て、じいじばあばとしても嬉しいだろうな~と感じています。

 

 

その他にも夫のご両親からは 

 

絵本と

 

北菓楼のお菓子をいただきました!

北菓楼のバームクーヘンが日本一だとワタクシ思っております。まじで美味い。

 

パパに初めての絵本の読み聞かせをしてもらったしーちゃん。

意味はわかっていないとは思いますが、結構食いついてました。

本好きな子に育ってね~♪

 

 

クリスマス…。

じいじばあばからこんなにプレゼントもらったし…、私用意しなくてもいい気がしてきたわ(・∀・)笑

 

 

私の実家からは、特にクリスマスだからと言ってリアクションなしっ。

そもそも、私が幼き頃から実家ではそういうメルヘンチックなイベントを重視してくれず、私の中でクリスマスという日は、おばあちゃんとお父さんがプレゼントを買ってくれる日という認識でいました。

サンタ?それおばあちゃんでしょ?みたいな。

しーちゃんにはちゃんとサンタさん信じてもらおうと思っておりますヽ(´o`;

 

 

クリスマスプレゼントはないものの、私の父からも本日荷物が届きました。

 

わかりますか?

こちら、鯛です。しかも三尾。

 

私の父は仕事柄、いくらでも鯛が手に入るのです。

結婚時の顔合わせでも、父が釣った鯛が登場しました。お祝い事と言えば父の釣った鯛なのであります。

そして今回も、「お食い初めに使うから、鯛釣って送ってー」 とお願いしていたのでした。

 

「でっけーやつ送ればいいのか?」 と聞かれたので、

「いやいや、家庭用のオーブンに入るくらいの大きさじゃないと困るわ。小さいのでいいよ」と答えた私。

 

「あんまり小せば恰好つかねーべ」

と、尚も食い下がってきたので、「本当に小さいやつでいい」 と言ったところ。

 

本当に小さいやつ送られてきちゃったー(;´∀`)

想像以上に小さかった。笑

 

うん、私が悪い。

 

でも、三尾あるうちの一尾は30cmくらいだったので、これ使えばいっか!

残りの極小サイズの二尾、はて何に使いましょう。

 

しーちゃんが大きくなったときに

「お食い初めの鯛はじーちゃんが釣ったんだよ」 と言ってあげれるのが何より嬉しいです。

大きさは二の次さっ! 

 

 

そんな感じで、お食い初めに向けての準備も少しずつ進めております。

冷凍出来るものは明日明後日のお休みで作っておこうかしら。

ってか、鯛ってどうやって焼けばいいんだ?

調べておかないと。

 

しーちゃんに作る初めてのご飯。

否が応でも気合いが入るってなもんです。

お母ちゃん、頑張るぞーーヽ(`∀´)ノ★★