りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

-生後74日目- 児童館デビュー

【スポンサーリンク】


こんばんは(・∀・)ゝ

 

 

某東北りんご県にある実家からりんごが大量に送られてきました。

この写真だけでも結構な量に思いますでしょ?

これ2段あるんですよ。その数46個。

おやつ食うよりりんご食ったほうが体にいいだろうと、腹が減るたび食べていたら一日に4つも食べてしまっていました。

絶賛共食い中のりんごです。

 

 

さて。

こどもちゃれんじbabyのガイドブックに 「タイプ別遊び方」 というフローチャートがありました。

それによると、私は 「シャイタイプ」 になるようです。

 

自分の世界を持っており、集団より一人を好むタイプ。

周囲に左右されず、ひとりの時間や空間で上手に過ごせるあなたは、子育てにおいても溢れる情報に惑わされることなく、自分流の方法を持っています。

ただ、言葉を話せないお子さんとどう関わったらいいのか、迷ったり悩んだりすることもあるかもしれません。

 

 

ちょーーー当たってる('A`)

しまじろうに見透かされた気分。

 

そして、今日。

自分が 「シャイタイプ」 であることをさらに実感することとなったのです。

 

 

本日、私としーちゃん。児童館デビューしました。

ベビーマッサージを習ってみたいと考えていた私。

近くの教室を探していたら、ちょうどその教室の先生が今日児童館でプチ体験教室を開くとの情報を仕入れたのです。

習いに行く前に、どんな感じなのか試してみようと思い立ち、しーちゃんと共に児童館のドアを開くことと相成りました。

 

まずベビーマッサージ。

ただマッサージすればよいのかと思っていました。

…う、歌を歌うんですね(;´∀`)

「しーちゃん、しーちゃん、しーちゃんのお腹をマッサージ♪」 なんて。

一人でいるときならまだしも、初対面の人と集団で歌を歌うって、私にとって相当ハードル高いっす。

 

そして、ふれあいタイム。

ここでもみんなでお歌を歌って、振り付けもあったりして。

「きんぴらぴらきんぴらぴらきんぴらごぼうっ!うっ!♪」

って、それなんの歌ーヽ(´o`;

 

その後の自由時間。

あぁぁーーー、会話に入っていけないぃぃぃーーーー('A`)

せっかく話しかけてもらっても会話を続ける技術がないぃぃぃーーー('A`)

 

「何か月なんですか?」

「お名前どういう漢字書くんですか?」

 

の問いに、答えておんなじ質問して…の後が続かない。あぁ、なんて低スキル。

 

もうすでに皆さん顔見知りのようで、何と言いましょうか、すでに出来上がったグループに参加するのって難しくないですか?私だけ?そう思うのは。

みーんな初めましての状態だったらそれなりにお話し出来るんですが…、もう気後れしまくり。

 

少し一人になりたくて、授乳コーナーへ逃げ込む私。

あぁ、なんてヘタレなんだろう(´;ω;`)

 

 

もう、自分が情けなくなりました。

しーちゃん、ごめん。こんなお母ちゃんでゴメン…。

 

 

 

どうもとっさの会話というやつが苦手で。

ブログのように自分の頭の中にある思いを文章で綴るのは全く苦じゃないし、むしろ好きなんですが、会話となるとどうも思いを言葉に出来なくて。

なんというコミュニティー障害。

でも、しーちゃんのためにも、「私シャイタイプだから~」 なんて言ってられないんですよね。

場数を踏むしかないか…。

 

ほんと、こんな小心者のお母ちゃんでゴメンよー(´;ω;`)

 

 

手始めに、初対面の人の前でお歌を歌うことになれないと…。

ベビーマッサージ、やっぱり習いに行こうかしら…。