りんごの時間。

AIHを経て4歳2歳の二児の母へ。二人育児の記録。

★出産報告★

【スポンサーリンク】


おはようございます!

 

前回の記事では、皆様から温かいコメントをたくさんいただき本当に感激しております。

心からお礼申し上げます。

 

 

お陰様で、無事昨日待ちに待ったわが子との対面を果たすことが出来ましたヽ(`∀´)ノ★★

 

9/9 20:30くらいに、3000gぐらいの元気な女の子出産しました!

もう、日付しか正確にわかっていないとゆう。笑

あとでちゃんと確認せねば(●´艸`)

 

 

何やら昨日今日で病院ではお産祭りのようです。

一日2-3組の出産が通常のところ、8組のお産があり、さらに今も待機中の方が4組。

昨日満月でしたっけヽ(´o`;?

 

そんなわけで陣痛室も入院部屋も数が足りず、分娩室横の回復室で、一日前に帝王切開を終えたばかりの患者さんとの相部屋 (もちろん私は陣痛室として) とゆう中々な状況からのスタートでした。

始めは気をつかって静かに痛みと戦っていたのですが、陣痛マックスのときはそうもいかず。

相当うるさかったろうな…('A`)スミマセン

 

出産を終えた今もその部屋を仮の入院部屋として使用していますが、分娩室横の部屋ということもあり、イキム声やら、オギャーオギャーやら聞こえまくりです。

わが子と同じ誕生日の赤ちゃんいっぱいだー♪

 

なんにせよ、早く個室に移りたいです(;´д`)笑

 

 

 

皆さまからパワーをいただいたおかげで、出産自体は比較的安産な方だったと思われます(●´∀`●)

 

がですね。

出産後しばらくしてから体に激痛が走りまして陣痛時と同じぐらいの悶絶っぷりを披露。

先生もこの痛がり方は尋常じゃない、となり、再度分娩台へ。

膣内で内出血が起きていて、それが血腫のコブとなり至る所を圧迫していたようで、初めて麻酔をかけての手術(処置?)を経験することになりました。

なんならですね、陣痛より出産より、この血腫が一番痛かった…。

年に2-3人しかこういうことにはならないようで、副乳に引き続きまたしても狭き門を突破してしまったようです。

 

この血腫の後遺症で、現在尾てい骨痛が大変なことに。

座るのも寝るのも、痛すぎるー。・(つд`。)・。

 

今は母体優先にしましょう、とゆうことで、わが子とは出産直後にしか会えていません。

スマホで写真すら撮れていない…。グスン。

わが子ー!母のこと忘れないでおくれよー(´;ω;`)!

 

 

その辺も含めて、落ち着いたら出産レポ書きたいと思っています!

 

 

 

慣れないスマホでの投稿。

読みにくいかもしれませんが、入院中にもちょこちょこ更新していけたらなーと思っています★

 

まずは、取り急ぎご報告でした!!

 

 

 

↓もしよければ応援ポチッをお願いします★

更新の励みになります(●´人`●)

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ

にほんブログ村